医療 体験談 相談 妊娠 病院 妊婦健診(妊婦健康診査)

出生前診断はかわいそう?否定的な言葉を投げかけられても、私が出生前診断を選んだ理由

2
私は30歳で男の子を授かりました。仕事が波に乗ってきたなかでの妊娠だったので、当時の私はうれしいと心から喜ぶことができず、どこか他人事のようでした。だからこそ出生前診断も、悩みに悩んで受けてみると言う重い決断に至ったのではなく、20代のころに流産の経験があったので「何があるのかわからない。だから出生前診断を受ける」という気持ちからでした。

出生前診断はかわいそう?否定的な言葉を投げかけられても、私が出生前診断を選んだ理由

 

続きを読む

最初に選んだ羊水検査

インターネットで出生前診断のことを調べていると、羊水検査というのがあることを知りました。私はさっそく受けてみようと思い、かかりつけの産婦人科に相談しに行きましたが、残念ながら羊水検査はやっていませんでした。

 

しかし羊水検査について理解のある先生だったこともあり、「針を刺して羊水を採取するので流産や破水のリスクがまったくないとは言い切れない」など説明してくれました。また、保険適用ではなく全額自己負担になること、紹介先の病院では検査費用は20万円ほどかかるということも教えてくれたのです。

 

私が選んだ母体血清マーカー検査

かかりつけの産婦人科では、母体血清マーカー検査による出生前診断はしていると言われました。検査内容も血液検査でリスクが少なく、価格も3万円ほどだったので、こちらを受けようと決めました。

 

検査当日は看護師さんに採血してもらうだけなのであっという間に終わり、2週間後に検査結果を聞きにいくという流れです。ただ検査結果は染色体異常が起きる確率として出るので、確実な結果が出るわけではありません。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。