暮らし 体験談 生理

「真っ赤じゃん!」忙しくてトイレに行けない!舞い込む業務に気づけば…

8

生理前になると泣いてしまう…情緒不安定な私を救ったのは【生理体験談】

 

私は病院の外来看護師として働いています。業務が忙しすぎて、普段からなかなかトイレに行けない状況で仕事をしていますが、生理中もなかなかトイレに行けません。そのため、仕事中に大惨事になってしまったことがあります。

 

続きを読む

忙しくてトイレに行けぬまま…

ある出勤日の朝、生理がきました。よりによってその日は、週のなかでも一番外来患者が多く混雑する曜日。「今日、トイレ行けるかなぁ」と不安になりながらも、多い日用のタンポンと夜用ナプキンを付け、できるだけ漏れないよう対策をして出勤しました。いつもならこれで漏れることはないはず……。

 

そして予想通り、その日の仕事も超多忙。「トイレに行ってナプキン替えなきゃ」とは思いながらも、仕事がどんどん舞い込んでくるので、トイレに行くタイミングがありませんでした。出勤してから3時間半、一度もナプキンを交換することなく気付けばお昼時になっていました。

 

椅子から立ち上がるとまさかの大惨事!

午前診療も終わり、私は記録のために少しだけ椅子に座って作業をしました。

 

2、3分くらいで記録は終わり、「よし!トイレに行こう」と椅子から立ち上がりました。その際、私が座っていた椅子にふと目をやると、なんと真っ赤な経血が座面にベッタリとついているではありませんか!

 

びっくりしてズボンの股の部分を確認すると、ズボンも真っ赤に染まっていました。しっかり準備したはずだったのに……。自分の予想より量が多く、派手に経血を漏らしてしまったのです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。