暮らし 体験談 結婚

「これが運命の赤い糸?」10年前、夫は会話の中で私に出会っていた!

5
会話は、パートナーとの最も大事なコミュニケーション。この女性の場合、幾度となく会話を重ねることで、より深く相手のことを理解できただけでなく、埋もれていた不思議な縁も掘り起こされたようです。

「これが運命の赤い糸?」10年前、夫は会話の中で私に出会っていた!?

 

出会って1年後に結婚して3年目。紹介者を間に挟んで知り合った私たちは、お互いのことをもっとよく知るべく、今までにあったことをいろいろ話してきました。そのなかで「運命の赤い糸」を思わせる不思議な巡り合わせがあったのです。

続きを読む

紹介されて知り合った夫と交際1年で結婚

私は結婚3年目の44歳。夫とは紹介者を通じて知り合いました。出会った当初は、お互い「縁があれば繋がっていくんだろうなぁ……」と思うぐらいで結婚の意識はなく、流れに任せて月に1回、食事をしながら会話する程度。ただ、かえってそれが気負うことなく自然体でいられたので、よかったのかもしれません。出会いから8カ月後には結婚を決意し、1年後、結婚に至りました。


夫とは、結婚する前も後も、お互いに今まであったことをいろいろと話してきました。そして結婚後のあるとき、こんなことを夫が言うのです。


「やっぱり、あのときの人は君だったと思う。これが赤い糸ってやつかなぁ」
 

10年前の何気ない会話のピースがピタリとはまる

私も夫も、職場は違いますが、ともに高齢者施設で介護の仕事をしています。夫が言う「あのとき」とは、今から10年以上も前にした同僚との会話。「今、別の施設にきているボランティアさんに、住み込みで介護をしている人がいるんだって。そんな奇特な人、いるんだね」と話していたことを思い出したというのです。


たしかに私はちょうどそのころ、傾聴ボランティアで週に1回、その施設に行っており、住み込みで高齢者のお世話をしていました。その施設は夫が勤める事業団が持っていた施設のひとつで、夫の勤め先ではないのですが、そういう話がまわりまわって夫の耳に入っていたようです。


それを思い出すきっかけとなったのが、会話の積み重ねでした。私たちは会うたびに、お互いの生い立ちや、このころはどこで何をしていたかを語り合っていたので、夫の記憶に残っていた話の人物に、私がピタリと当てはまったようなのです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。