医療 体験談 妊娠 出産 陣痛 病院 破水 羊水 妊婦健診(妊婦健康診査) 超音波検査 妊娠高血圧症候群

【43歳で第4子出産】出産当日に判明した妊娠高血圧症候群。知らぬ間に高位破水までしていて⋯

6
43歳で出産した、第4子の出産エピソードです。もともと骨盤が狭く、第1子出産のときは3日掛かりの末の吸引分娩。3番目はラクに産めますよ、とお墨付きをもらった第3子ですら18時間の果ての出産。しかも羊水が深緑色に濁っていて、ギリギリのところで元気に生まれました。そんな私の、第4子出産当日に起こった出来事をお話ししたいと思います。

出産当日に判明した妊娠高血圧症候群。知らぬ間に高位破水までしていて⋯

 

続きを読む

鈍い痛みで目が覚めた

体重増加が気になる以外は順調な妊娠期間を過ごしていました。とは言っても臨月に突入すると、おなかはますます大きくせり出し、胎動も激しくて痛くてたまらず。歩くのもやっとで、ペンギンのようによちよちと歩いて動いていました。横になってもベストポジションがなかなか探せず苦しくて、座っていてもお尻や腰が痛くなり臨月は思うように動けず、かなりしんどかった記憶があります。

 

早く産んで身軽な体に戻りたいと願いながらも、実は3人の上の子どもたちが全員、出産予定日を超えてから生まれていたので、今おなかの中にいるこの子もきっと予定日超えだな!と確信していました。ところが、妊娠39週3日の早朝4時30分、鈍い痛みで目が覚めるのです。

 

え? もう入院?

おなかの張りは30分から15分程度の間隔のまま、時間が過ぎていきます。この調子だとそんな早くには生まれないなと感じていました。この日は妊婦健診日。受付でおなかの張りを説明したら、すぐにNSTへ。血圧測定をすると「あれ? 血圧が高いよ……上が135!!」。予期せぬことを言われてびっくりしました。私はもとから血圧が低く、上が100〜110くらいで、妊婦健診でもその値をキープしていたのです。

 

慌てて先生が呼ばれ、内診で子宮口の開きを調べるとまだ2cm。超音波でも赤ちゃんの状況を確認すると、手足がよく動いて元気そうでひと安心しました。しかし、先生から言われたことは「妊娠高血圧症候群です。おなかの張りが弱いので今日のお産に繋がらないかも。そのときは帝王切開に切り替えて赤ちゃんを出しましょう。今から入院してもらいます」。⋯⋯もう、絶句です。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。