医療 体験談 病気・ケガ 病院

息子のパンツに緑色のシミが!病院を受診するとシミの正体がわかり…!?

8
ある日の夕方、いつものように2歳の息子を着替えさせていると、パンツに何か緑色のシミのようなものが……! 汚れかな?と軽く考えていると、2日後には息子がおしっこをするときに痛がるようになりました。すぐに小児科を受診したら「亀頭包皮炎」と診断されホッとしましたが、反省することもありました。

男の子 嫌がる

 

続きを読む

パンツについた緑色のシミ

ある日の夕方、お風呂に入ろうと2歳の息子のパンツを脱がせたときのことです。ふと脱がせたパンツを見ると、緑色のシミのようなものがパンツについていました。

 

一瞬疑問に思ったものの、何かの汚れがついたのかな? と軽く考え、特に何も気にしていませんでした。するとそのシミを見つけた2日後の朝、息子が突然「おしっこ痛い!」と言い出したのです。

 

おしっこが泣くほど痛い

「おしっこ痛い」と息子に言われた私は、最初はどういうことなのか理解していませんでした。ですがそのあとも、トイレに行くたびに泣きながらおしっこをする息子を見て、「性器が痛いのか!」とやっと息子が言った言葉の意味を理解しました。

 

よくよく見ると、性器が赤く、少し腫れている様子。「これはただごとではない」と、すぐにかかりつけの小児科を受診しました。

 

緑色のシミの正体

受診した小児科では、尿検査や血液検査をおこなうことに。息子の性器の状態も見てもらい、血液検査の結果を待ちました。1時間ほどして先生から告げられたのは、「亀頭包皮炎」という病名でした。亀頭包皮炎とは、性器を包む皮膚と亀頭の間にバイ菌が入り、炎症を起こしてしまう病気のこと。

 

先生いわく、子どもの性器は包茎状態なので、特にこの病気になりやすいということでした。予防するには毎日お風呂で性器の皮を少し剥いて、きれいに洗うのが1番と先生からアドバイスをもらい、病院から帰宅。その日の夜はまだおしっこをするのを痛がりましたが、処方してもらった薬を飲ませて様子を見ることにしました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。