記事サムネイル画像

「ブサイク」娘を見てあざ笑う母。心ない言葉を浴びせられ… #育児ノイローゼになった話 2

「育児ノイローゼになった話」第2話。2010年に女の子を出産した鳥野さん。産後は絶対安静が必要で母子別室で過ごしていました。無事に退院し、鳥野さんは娘さんと一緒に実家へ。1カ月実家にお世話になる予定でした。帰省当初、娘を見て「あら可愛い」と言っていた母でしたが……。

育児ノイローゼになった話 第2話

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

育児ノイローゼになった話2

 

もともと、母との関係はあまりよくなかった鳥野さん。

月日を重ねるうちに少しずつ関係は回復に向かっていましたが、赤ちゃんと一緒に帰省したことで母の生活環境が一変。

目に見えて機嫌が悪くなり、ついには娘さんに心ない言葉を放つほどに。

実家の滞在期間2日にして、鳥野さんは娘さんと自宅へ帰ることにしました。

 

自宅では、夫にも協力してもらいながら家事に育児に奮闘する日々。

「育児は協力するから」

という夫の言葉。これからも協力してくれるはずと、そのときは思っていました……。

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      こうやって旦那さんが手伝ってくれてるだけでもありがたいよね。 私も初めての出産で実家遠方だしコロナで帰らなくてそれに緊急帝王切開で横隔膜まで傷ついて体ボロボロだったけど 旦那はこんなに手伝ってくれなか… もっと見る
      こうやって旦那さんが手伝ってくれてるだけでもありがたいよね。
      私も初めての出産で実家遠方だしコロナで帰らなくてそれに緊急帝王切開で横隔膜まで傷ついて体ボロボロだったけど
      旦那はこんなに手伝ってくれなかったから死にかけてたのがいい?思い出。

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター鳥野うずら

    一児の母。フリーランスで漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →