暮らし 体験談 結婚

「夫がいてよかった!」結婚生活で夫がいるありがたさを感じたのは…

9
結婚生活が長くなると、夫のありがたさをつい忘れていることがあります。毎日の暮らしのなかで相手の存在が当たり前になるからです。しかし、私は「夫がいてくれてよかった」と改めて感じる出来事がたびたびがありました。

「夫がいてよかった!」結婚生活で夫がいるありがたさを感じたのは…

 

 

続きを読む

停電になった!

ある夏の暑い日のこと。夕方18時半ころ、ブチッ!という音ともに家中の電気が消えて、すべての電化製品がストップしました。

 

どうやら家のすぐ近くで雷が落ちて停電になった様子。その日は夕方から天気が不安定で大雨が降っていました。私はすぐに仕事中の夫に連絡し、停電のことを伝え、子ども2人と一緒に懐中電灯の灯りでお風呂に入りました。初めての停電で不安がる子どもたちをなだめながら、電気の復旧を待っていたのです。

 

そんななか、夫が仕事から帰宅。夫の顔を見た瞬間、家族みんながホッとしました。そして、携帯ラジオで情報を集めながら、エアコンがつかず暑い夜をどうやって過ごそうかと考えてくれた夫。その後しばらくして無事電気が復旧し日常に戻りましたが、停電のトラブルを通して、「私は夫のことを結構頼りにしてるんだな」と再確認した出来事でした。

 

電化製品が壊れた!

突然「エアコンがつかない!」「電子レンジが動かない!」というとき、やはり頼りになるのは夫です。私は電化製品のことに詳しくないため、対処方法が全然わからないからです。製品の説明書を読んで原因を考える、保証書をとり出して保証期間を確認する、メーカーや電気店に問い合わせるなど、ちょっと面倒なことを夫がやってくれると、とても助かります。

 

長く続く結婚生活では、電化製品の不具合や故障が時々起こります。自分で対応できないとき、頼れる人がいるのは本当にありがたいです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。