食・レシピ 作り方 料理 おすすめ グルメ 業務スーパー

【業務スーパー】リピ買い10回以上!買って大正解のマニア鉄板品【前編】

5
育ち盛りな2児の母(高校3年生と小学4年生)であり、もはや業務スーパーに頼らないと食費が破綻するフードジャーナリストが本気で認めた“業スーアイテム”だけをご紹介!【前編】の今回は「業務スーパー」で何度となくリピ買いしている商品をピックアップ。

業務スーパー 鬼リピ品

 

業務スーパーに通い始めて約4年。さまざまなものを購入してきましたが、リピ買いするものはやはり限られてきます。味と値段のバランスが取れたわが家の鉄板品をご紹介します。12商品を前編、後編に分けてお伝えします!

 

続きを読む

一番投資しているのは“海鮮の冷凍類”

業務スーパー 海鮮の冷凍類

 

冷凍海鮮って高いですよね……。でも、業務スーパーの冷凍海鮮はほかのスーパーの価格に比べて安いし、種類も豊富。お得なんです。

 

●「家庭用たこぶつ」(300g・548円/税抜き以下同)
よく買うのは、たこぶつ。でも“冷凍のたこぶつ”ってなかなか一般的なスーパーにはないと思いませんか? だからいつも業スーで買っています。


テレビでもご紹介した、業スーオリジナル調味料「ジャンツォンジャン」と合わせて炊き込みご飯にしたり、じゃがいもと合わせてアヒージョにするのに欠かせません。普段は大きい1kgサイズを買っていますが、最近、単身者や2人暮らしの人たちでも使いやすい写真の300gサイズも出ました。ちなみに私が冷凍海鮮を使う際、注意しているのが最初に必ず流水で洗ってから使うこと。凍った氷に“臭み”がくっついているのでこれを落とすだけで、料理の仕上がりが違ってきます。

 

「大粒えびいかミックス」(300g・398円)
加熱すると姿が見えなくなるほど縮む、冷凍のえび・いか問題(笑)! この問題をかなりいい感じで解決してくれるのがこちら! 実は料理家でも愛用している人が多いんですよ。まったく縮まないわけではありませんが、加熱してもきちんと見える大きさに残るので、カレーや煮込み料理を作るときに重宝しています。

 

「生食用 サラダえび」(200g398円)
今、一番ハマっているのがこちら! 自然解凍すればサラダに使えるえびなのですが、実に便利! この夏、何度買って、サラダに使ったかわかりません!

 

えび好きなので、ついえびばかりなラインアップになってしまいましたが、これ以外にも「むきあさり」「冷凍かき」も10回以上買っています。

 

おやつやリモワ飯、週末のごはんに役に立つ、アジアの屋台飯

業務スーパー 葱抓餅、ホットク

 

この2つも今まで一体何度買ったかわかりません。

 

「葱抓餅」(5枚入り・360円)
こうした“アジア屋台飯”の冷凍食品って、一般的なスーパーにはなかなかないですよね。数年前に初めて見つけたときはうれしくて即買い。あっという間に人気商品になってしまいました。こちらはおやつや週末の朝ごはんとして大活躍。焼くだけでいいのが簡単でうれしい!

 

ただ焼くときに少しだけコツが。「抓」=つねるという漢字が使われているように、箸などでつねる=ねじったり、本場・台湾などでは表面をたたきまくって焼くので、ぜひマネしてみてください。こうすることで層になった生地に空気が入り、パイ生地のようになってサクフワ食感を実現。台湾では葱抓餅にハム&卵、チーズ&卵などをはさんで食べたりもするので、これをまねしても楽しいですよね。
 

「ホットク」(4枚入り・298円)
最初はなんの期待もせず、「おいしかったらいいな」くらいで買った冷凍「ホットク」。これが普段おやつには十分なおいしさで、以来、親子でハマっています。無糖のミルクティーに合わせるとなんだか、韓国のカフェにいるみたいな気分になれますよ(笑)!

 

 

いかがでしたか。まずは【前編】として5商品を紹介しました。後編は子どもたちのおやつとしても役立つレスキュー食、便利でおいしい冷凍フルーツ、地味に評価が高い商品を紹介します!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗では臨時休業や営業時間の変更などを実施している可能性があります。商品購入の際には自分だけではなく周りの方、スタッフの方への感染防止対策を十分におこない、安全性に配慮していただくなどご注意ください。外出を楽しめる日が1日も早く訪れますように!

 

ベビーカレンダーでは家事や収納、ファッションなど、ママたちの暮らしに寄り添った【ライフスタイル記事】を強化配信中! 毎日がもっと楽しく、ラクになりますように。

 


著者:中田ぷう

業務スーパーやカルディ、コストコなどに詳しいフードジャーナリスト。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。育ち盛りな高校2年生と小学3年生のママ。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。