義母が孫の写真を勝手に!?ネットリテラシー皆無の義母がスマホに替え暴走!

3年前、遠方に住む義母が「孫たちの様子をもっと見たい!」とガラケーからスマホに替えました。何度も電話がかかってきては手取り足取り操作を教えましたが、なにぶん言葉だけでは伝えることも難しく……。写真が送れたり、テレビ電話をしたり、スマホに替えてメリットもあるものの、使い方を教えるのにはだいぶ労力を費やしました。このストレスがまだ序の口であるとは、このときは思ってもみなかったのです……。

義母の暴走

 

義母の暴走

 

続きを読む

ここにも!? 孫がかわいいのはわかるけど

義母がスマホに替えたのは、ちょうどわが家の双子が生まれたころでした。義母にとっては6、7人目の孫でしたが、まるで初孫かのように溺愛していたのです。遠方でなかなか会えないこともあり、写真を送ってほしいとよく言われていました。

 

しばらくして、義母からのLINEでアイコンが双子になっていることに気が付きました! よく見るとプロフィール背景までわが子に……。「別にいいけどひと言欲しかったな」と思う私は、心が狭いのかとモヤモヤしていました。

 

私が悪いの? モヤモヤは解消せず

その後も義母は、断りもなくわが子の写真をLINEのタイムラインに投稿していました。さすがに不快感を隠せず夫に相談をしてみると、「かわいくてやっているだけで悪意はないから」と一蹴される結果に。

 

それでも「悪用されるかもわからないし、断りもなくこういうことをされたくない」と反論しました。「わかった、言っておくから」という夫の顔は面倒くさそうで、その様子に私のモヤモヤは解消せずにいました。

 

もう限界! 勝手すぎる義母に怒り爆発

数カ月後、義母から「聞いて! この前、孫ちゃんの写真を応募したら、採用されてグッズになるのよ! やっぱり客観的にみてもかわいいのね」と耳を疑うような電話がかかってきました。

 

前回の件も夫は伝えていないのではと怒りが加速し、「いくらかわいい孫とは言え、勝手に応募するのはあんまりです! 濫用するならもう写真を送りたくありません」と言って電話を切ってしまいました。

 

送られてきた手紙の内容とは

その後、義母は義姉たちに相談したようですが、「お母さんが悪い」と言われ、事の重大さに気付いたようです。孫のかわいさゆえに、自分だけに留めておくことができず軽率であったと謝罪の手紙が送られてきました。

 

グッズは採用された人に贈られるだけとのことで、少し安心し義母と和解することができました。夫も義姉からお叱りを受けたようで「自分の意識も改める」と言われ、一連の孫写真騒動は幕を閉じたのです。

 

 

便利な一方で、脅威も併せ持つインターネットの世界。子どもの写真1枚でも敏感になっているこの時代、義母の「かわいさを共有したい」という思いは尊重しつつ、子どもを守るためにもネットリテラシーや子どもの肖像権についてきちんと伝えていかなければと強く感じました。

 

 

イラストレーター/山口がたこ


著者:梟 うた

5歳の娘と双子の3歳息子のママ。双子の出産を機に、東京から地元九州に移住。保育園勤務をしながら子育て、ファッション、旅行、インテリア、お得情報などを執筆中。最近の趣味は、絵本探し。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      濫用はアカン。
      今の子供は、頭良いし、双子たちが大人になって
      慰謝料請求されませんように。
      +66 -5

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP