医療 体験談 妊娠 出産 産後 切迫早産 病院 無痛分娩・和痛分娩

「こんなに違うんだ…!?」個人産院と大学病院、それぞれで出産を経験した感じたこと【体験談】

4
私は33歳で長男を個人産院で出産し、34歳で長女を大学病院で出産しました。出産する場所を選んだ決め手は、長男のときは自分の出産に対しての希望を優先し、長女のときは小さい息子がいたため病院への通いやすさで決めました。系統の違う病院で出産した私が、それぞれに感じた違いや特徴を紹介します。

「こんなに違うんだ…!?」個人産院と大学病院、それぞれで出産を経験した感じたこと【体験談】

 

続きを読む

出産する病院を選ぶ基準は

32歳で妊娠した私。姉の出産に立ち会った経験があり、出産という凄まじい痛さに耐えられる自信がなく、無痛分娩で出産すると決めていました。また、個人の病院のほうが総合病院や大学病院よりごはんがおいしいと周りの先輩ママから聞いていたので、初めての出産は「無痛分娩に対応している個人の病院」を、自宅から通える範囲で探しました。


2人目を妊娠したときは息子がまだ1歳になっていなかったため、自宅から徒歩でも通える無痛分娩が可能な大学病院を選ぶことに。

 

食事は入院中の唯一の楽しみ!?

長男を出産した個人病院は、食事は専門のスタッフによって院内の厨房で作られており、和洋中のメニューが日替わりで出てきました。パンも配膳時間に合わせて焼きたてのものを用意してくれて、主菜も副菜も味だけでなく見た目も彩りがきれいで毎食おかわりしたいほど満足できるものでした。


一方で大学病院は産科以外の患者さんとも同じメニューで、質素で量も味付けも物足りない印象です。栄養バランスを考えられて作られているとは思いますが、出された食事だけではご飯が進まなかったです。しかし母乳を出すために白米をしっかり食べようと思い、ふりかけを持参。持って行ってよかったと心から思いました!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。