医療 体験談 妊娠 出産 陣痛 病院 破水 会陰切開

出産前にやってよかった!半信半疑で実践したパック&マッサージ。いざ出産して効果を実感!?

8
初めての出産前に、友人から教えてもらった会陰マッサージをおこなっていました。会陰マッサージは、赤ちゃんが出てくる扉をスムーズに開くようにするというもの。お産を終えて感じたのは、私の場合は初産にしては分娩時間も短く、会陰裂傷もあまり痛みを感じなかったこと。半信半疑でしたが、出産前にやってみて本当によかった!と思った会陰マッサージの体験談です。

出産前にやってよかった!半信半疑で実践したパック&マッサージ。いざ出産して効果を実感!?

 

続きを読む

会陰マッサージ

会陰マッサージは、以前は助産院でしか教えられていなかったそうですが、最近では大学病院の母親学級でも取り入れられるようになっているそうです。私が調べて実践したのは、カレンデュラオイルを使った会陰マッサージでした。

 

カレンデュラオイルで赤ちゃんが出てくる会陰周辺をマッサージするとやわらかくなり、会陰切開や会陰裂傷を予防できるとのこと。また、会陰裂傷ができても回復を早める効果が期待できるそうです。私はマッサージの刺激でおなかが張る可能性を考えて、妊娠36週からおこないました。

 

実際におこなった方法

友人に教えてもらった方法と、インターネットで助産師さんが紹介している方法を参考にして実施しました。妊娠36週から、まずはコットンにオイルを染み込ませてパックすることに。ナプキンを使って、下着が汚れるのをガードしました。1週間試してみると、なんとなく会陰がやわらかくなったような気がしました。

 

妊娠37週になってからは、マッサージも開始。お風呂中に、カレンデュラオイルをつけて5分程度会陰部分をくるくると円を描くようにマッサージしました。1日おきにおこない、カレンデュラオイルのパックは毎日継続しました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。