「へこんでるけど、大丈夫?」新生児のときにケアできずにごめんね…今も指摘される子どもの頭の形

私の無頓着な性格が災いして、新生児のときに娘がいつも同じ方向を向いて寝ていることに気が付かず、寝かせていました。そのため、右の頭の後ろがぺったんこになってしまいました。4歳になった今でも周りから指摘を受けることがあり、私自身とても心が痛んでいる体験です。

「へこんでるけど、大丈夫?」新生児のときにケアできずにごめんね…今も指摘される子どもの頭の形

 

続きを読む

母親からのアドバイス

初めての子育てということもあり、5カ月間は実家に住んで母からのサポートを受けながら子育てをしていました。母は「新生児はこれが必要だよ」と事細かに教えてくれて、とにかく心強かったです。子どもの頭を支えるドーナツ枕も購入し、寝るときは常に使用していました。

 

そして「寝ているときは頭の後ろが均等な形になるように方向を都度変えるんだよ」と母からはアドバイスを受けていたものの、無頓着な性格が災いして、娘がずっと同じ方向を向いて寝ていることに私は気が付いていませんでした。

 

義理の両親からの指摘

娘が生後3カ月になったときに、義理の両親が地方から私の実家近くまで会いにきてくれることになりました。そして孫との感動の初対面を果たすことになるのですが、そのとき義理の母に「あら○○ちゃん、頭の後ろ、片方がへこんでいるけれども大丈夫?」と言われてしまったのです。

 

私はそこで初めてはっとさせられ、実家の母に言われたことを思い出しました。自分では毎日一緒にすごしていたせいもあり気付いていなかったのですが、周りの人から見ると娘の頭はどうやら片方だけへこんでいるようでした。

 

最後には夫からのとどめ

一方の夫はというと、海外赴任のため、普段はテレビ電話や動画を通じて娘の成長を伝えていました。そのため娘の頭のことを指摘されることはなく、また私からあえて話すことはありませんでした。娘が生後5カ月になったときに夫のいる海外に戻ったのですが、戻ってから1・2カ月経ったころ、「○○ちゃんの頭の形って片方へこんでいるよね」と言われました。

 

このときは「やっぱりか……」と思いました。ただ、ここで私が何か危機感を感じ取っていれば、まだ頭の形について言われ続けることを変えることができたのかもしれませんが、案の定、私はこの指摘を聞き流してしまっていたのでした。

 

 

娘が4歳になった今でも、誰かに頭の形について指摘されるたびに心が痛み、新生児のときのケアは本当に大事だったのだなと思いました。健診のときなどに相談するべきだったなと反省もしています。今後、本人が気にするようになったときには、娘に素直に謝ろうと思っています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:町田 久美子

4歳児を育てるワーママ、ズボラ主婦。ベトナム在住。手を抜く家事、育児を常に探しながら、ライターとして漫画や教育系、ベトナムでの子育て経験について執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママネタの新着記事

  • PICKUP