「メリットか手間か…」ナプキンかぶれに悩む私が行きついた使い分け

もともと皮膚がかぶれやすく、生理中のデリケートゾーンのかぶれに悩んでいた私。愛用していたのは、使い捨ての生理用ナプキンだったので、布ナプキンはかぶれ対策になるかもしれないと思い、過去に使ってみたことがあります。実際に使ってみると、いい部分がある一方、大変な部分も多かったです。そんな私が行きついた先とは…。

「メリットか手間か…」ナプキンかぶれに悩む私が行きついた”使い分け”

 

洗濯などの手入れが大変

私が布ナプキン を使っていたとき、使用済みの布ナプキンをまずつけ置きをして、その後手洗いをし、さらに洗濯機で洗っていました。布ナプキンを使うとなると、生理中はこれを毎日する必要があります。

 

家事・育児、仕事をしている私にとっては、これがちょっと負担でした。しかも、もし家族に経血がついた布ナプキンを洗っているところを見られたら、ビックリさせたり不快感を与えてたりしてしまかもしれない……。そう考えると、子どもが学校へ行っている時間や、夜寝たあとに洗濯し、家族の目に触れないよう自分の部屋に干したりと、いろいろと気をつかいました。

 

外出時に荷物が増える

紙ナプキンはスリムなものが多く軽いので、あまりかさばりません。しかし布ナプキンの場合は厚みもあり、ポーチに3枚入れたらぎゅうぎゅうです。

 

さらに、私の場合は、汚してしまった際の替えのパンツ、汚れた布ナプキンを入れる袋、液体の洗剤を入れたミニボトルなどを持ち歩いていたので、これらを毎日忘れずに用意するのが負担でした。

 

外出時は漏れが気になり落ち着かない

布ナプキンを使用するにあたって不安だったのが「外出先で漏れないか」ということです。

 

外出時は紙製のナプキンを使うことも考えましたが、「布ナプキンのほうが肌への負担が少ない」と感じていたこともあり、外出時も使っていました。

 

しかし布ナプキンをつけて外出した日は、常に頭のなかは「漏れていないかなぁ」という心配が常につきまとうように。そのため仕事や他の用事に集中できませんでした。


また、私の場合、ナプキン交換に行く時間を頻繁にとりづらい職業のため、結局漏れてしまったことがあります。

 

交換するのにも手間がかかる

布ナプキンの場合、交換するのにも手間がかかりました。私の場合は、帰宅後に汚れが落ちやすいようにまず使用済みの布ナプキンに液体洗剤をシュッとかけてからビニール袋にしまうようにしていましたし、布ナプキンは漏れやすいのでショーツを替えることになるケースも多かったです。

 

また、夫と出かけたとき、漏れが気になるせいで、使い捨てのナプキンを使っていたころよりも何度もトイレに行く羽目になり、夫を余計に待たせることもありました。


 

なんだかんだ半年ほど布ナプキン生活をしてみましたが、布ナプキンは肌への負担が軽いというメリットがある一方で、大変な部分も多かったです。

 

布ナプキンを使ってみて感じたのは、私にとってはやはり量が多い日は紙ナプキンのほうが使い勝手が良いということ。布ナプキンを使っている間は、生理中にナプキンのことで頭がいっぱいになってしまうのもデメリットでした。


ただ、私にとっては、肌にやさしく、かぶれることもなかったのは大きなメリットでした。そのため今は、生理の終わりかけで量が少ない日や、おりものシート代わりに布ナプキンを使うように。使い捨てのナプキンを使う頻度が少し減ったことで、以前ほどかぶれることも少なくなりました。これからも状況に合わせてうまく使い分けようと思います。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
筆者/ゆき

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶