「年々重くなってる…!」ひどい生理痛に貧血も!鎮痛薬が手放せず、受診したら…

生理痛の重さは人それぞれですが、私の場合は「年々重くなるタイプ」でした。中学生のころは少し腰が痛い程度だったのに、社会人になると鎮痛薬が効かないほど生理痛がひどくなってしまったんです。そのため、あるとき産婦人科を受診する機会があったので、思い切って相談してみたところ……。

「年々重くなってる…!」ひどい生理痛に貧血も!鎮痛薬が手放せず、受診したら…

 

年々ひどくなる「生理痛」に悩み…

小学生の高学年から始まった生理は、高校生までは痛みはあまり感じない程度でした。ところが大学生からは鎮痛剤が手放せなくなり、社会人になってからは鎮痛薬が効かないほど痛みが強くなってしまったのです。

 

さらに経血量も増え、年に1〜2回ほど貧血で動けなくなる日が出てきてしまっていました。

 

思い切って低用量ピルの服用を決める

そのため子宮がん検診を受けたときに産婦人科医に相談したところ、「低用量ピル」の服用をすすめられました。

 

低用量ピルは副作用があるのではと不安でしたが、「最近のピルは副作用が起きにくいから飲みやすいと思いますよ」と医師。また、医師の話によると、服用から3カ月ぐらいで生理痛がラクになるとのこと。そのため、まずは3カ月続けることを目標にし、薬が合わなければやめることも視野に入れて服用をスタートしました。

 

鎮痛薬を飲まなくても過ごせる!

さっそく低用量ピルの服用をスタートさせた私。心配していた副作用ですが、幸いにも特に気になる症状は出ませんでした。強いて言うなら、常にバストが生理前のように張っているなと思いましたが、 私はさほど気になりませんでした。

 

また、低用量ピルを飲み始めてから1回目と2回目の生理はいつも通りでしたが、3回目から経血量が減り、痛みもだいぶ軽くなりました。目安の3カ月になりましたが「もう少し続ければ生理痛が軽くなるかも」と思ったので、さらに3カ月服用を続けてみることを決意。。


すると、4回目の生理からは鎮痛薬なしで生理期間を過ごせるようになったのです。ここ何年も生理中は鎮痛剤が手放せなかったので、もっと早く産婦人科医に相談すればよかったと思いました。

 

 

低用量ピルは現在も服用を続けており、もうすぐ服用から3年が経ちます。鎮痛剤は服用しなくてよくなりましたし、経血液量もだんだん少なくなり、夜用のナプキンは必要なくなりました。本当に快適なので生理がきてももう怖くありません。

 

生理痛がひどいのは体質だと諦めていましたが、低用量ピルで痛みを緩和できるなら、もっと早く産婦人科で相談していればよかったと思っています。


「ピル=避妊」というイメージが強い人もいるかもしれませんが、産婦人科医によると生理痛緩和のために服用している人はたくさんいるそうです。副作用への不安や恥ずかしさを乗り越えて、低用量ピルの服用を決めて本当によかったと感じています。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/石神りぴ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶