「おとうさんとおなじだね!」4歳児の気づき。だとしたら同姓同名が多すぎる問題?!

ユウコトリトリさんの連載第33話。次男くんが4歳のころのテレビを見ていたときの素朴な気づきのお話です。そういえば教えていなかった……あの問題。

こんにちは、ユウコトリトリです。保育園児から中学生まで、3人の子どもを子育て中です。

 

今回は次男が4歳ごろの話です。

テレビで、親子がインタビューを受けているのを見た次男。そのやりとりを見て何かに気づいた様子でした。そして衝撃の一言が……。

 

続きを読む

お父さんの名前

同姓同名

 

 

同姓同名

 

 

同姓同名

 

 

同姓同名

 

 

 

同姓同名

 

 

同姓同名

 

 

その後、改めて「お父さんとお母さんの名前、知ってる?」と聞いたところ、「トリトリおとうさん!トリトリおかあさん!」自信満々に答えられました。

 

そうか……今までずっと「おとうさん、おかあさん」だったもんね。確かに、ちゃんと教えたことなかったなぁ……。

 

まだまだ知らないことだらけの4歳児。

だからこそ、出会える貴重なできごとでした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターユウコトリトリ

    2007年、2011年、2015年生まれの騒がしい三姉弟を子育て中のワーママ。Instagram(@yuko_toritori)にて、育児あるあるや日常の小ネタをカエル漫画でゆるっと更新中!

    同じ著者の連載

    • 通報
      私は小さい頃、「パパ」「ママ」呼びでした。
      そのため、お父さんは「苗字パパ」お母さんは「苗字ママ」だと思っていました。
      年中くらいになって、ようやく両親の名前を認識できました。
      +11 -1
    • 通報
      幼稚園の頃、園で何かの会(誕生日会?)の時に両親の名前聞かれて「○○(名字)おとうさん」「○○おかあさん」と答えて笑われた記憶があります…教えられないと知らないよね〜(苦笑)
      +19 -1

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP