「独身で一軒家!?」常に愛犬ファーストな彼。結婚に求めたのは…

わが家には愛犬が2匹います。先代が1匹いたときは3匹の愛犬と暮らしていたことも。私たちは結婚した年齢が遅かったこともあり、「もし子どもができなくても愛犬がいれば2人の生活が充実する」と思っていました。実際に、彼は「子どもより犬のほうがかわいい」と言っていた程です。

「独身で一軒家!?」常に愛犬ファーストな彼。結婚で大切なこととは…

 

デートは愛犬が同行できるかが優先!

彼は、結婚する前から「愛犬が一緒に行ける場所」というのが、デート場所選びの最優先でした。というのも、彼は自分の愛犬に対して家族のように接してくれることが、結婚の条件だったそうなのです。彼から見て私はその条件に当てはまっていたようで、愛犬への接し方を見て結婚相手だと確信したと言っています。


そのため、お出かけするときには、愛犬も一緒に行ける場所をリサーチするのが定番。私たちが暮らす静岡県は愛犬とのお出かけスポットが多くあり、2人だけでのデートとは違う楽しみ方ができたのも、私としてはよかったです。

 

愛犬のために一軒家を購入!?

そんな愛犬家の彼ですが、一番驚いたことは、結婚前、まだひとり暮らしだった彼が、愛犬との生活のために一軒家を購入していたことです。新築ではなく中古住宅ですが、まだ結婚する予定もなかったころに購入したそうです。愛犬が最優先だった彼は、ペット可のアパートを探すよりも家を購入したほうがいいと感じたのだそうです。


そのおかげで、私たちの結婚が決まったときに、すでに生活に必要なすべてが揃っていました。家を探したり家具や家電を揃えなくても済んだのです。

 

結婚式は愛犬参加が最優先条件!

交際0日婚の私たちにとって、キューピッドとも言える愛犬たち。


そのため、結婚式場を探すときも、愛犬が参加しても良いかどうかを最優先で選びました。室内ではダメなところもあるので、ガーデンでバーベキューができる式場を見つけ、式場も愛犬の参加を快く受け入れ! 愛犬も一緒に結婚式ができました。

 

愛犬との結婚生活

私自身、結婚する前からペットは犬派で、いつか自分でも犬を飼いたいと思っていたので、彼と結婚したことで1つ夢が叶いました。彼は彼で仕事で夜勤の日があり、愛犬たちに長い時間お留守番させなければならないことが以前から気になっていたようですが、私と結婚したことで、お留守番時間を短くできたことを喜んでいました。


結婚したことで「犬と一緒に暮らしたい」「犬を家族として見て一緒にいてほしい」というお互いの願いが叶ったのです。以前よりも一緒にお出かけする機会が増えたので、犬たちも喜んでくれているのではないかと思います。

 

 

結婚の条件として、価値観が合うという事は大切だと思います。ペットに対しても人それぞれ考え方が違ったり、飼い方が違ったりします。私たち夫婦はお互いにペットに対しての接し方や考え方などが似ていました。そこが結婚に繋がったと思うので愛犬には感謝の気持ちでいっぱいです。今後もたくさん愛情をかけて一緒に生活していきたいと思います。
 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/ sugar111 佐藤

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶