「産後、生理が軽くなった!」喜んでいたけれど…事態が急変!

出産前は経血量が多く、生理痛もひどかった私。ですが2人目を出産したあと、生理の状態が激変し、経血量は少なく、生理痛もほとんどなくなりました。しかしその分、ほかの症状に苦しめられることになり……。

「産後、生理が軽くなった!」喜んでいたけれど…ある症状が表れて!?

 

出産前は生理が重めだった

私はもともと経血量が多く、特に生理初日から4日目までは2~3時間に一度はナプキンを交換しないと、下着に漏れてしまうほどでした。就寝中は夜用ナプキンをつけていても、シーツに血が漏れることもしょっちゅう。生理痛もひどく、2日目までは痛み止めの薬を飲まないと立っていることすらできない状態でした。

 

出産後、生理痛もほとんどなし

生理の状態が大きく変化したのは、2人目の出産後。産後10カ月で生理が戻り、「いよいよあの不快な生理が戻ってきた」と覚悟していたのですが、半年経っても1年経っても以前のような経血量はなく、生理痛もほとんどなし。「出産で生理が軽くなった!」と私は大喜びしていました。

 

違う症状が発生

しかし、2年が経ったころのことです。相変わらず生理自体は軽かったものの、代わりに頭痛やめまい、動悸に悩まされるようになりました。これらの症状は生理3日前から始まり、生理2日目ごろまで続きます。特にひどいのが頭痛で、鎮痛薬を飲まなければつらいほど。


生理中だけとは言え、その症状は1年以上続き、ついに婦人科を受診することにしました。


診断の結果、ホルモンの影響によるものということで、漢方を処方してもらい、それから毎月生理前にはその漢方を飲むようにしています。

 

 

漢方を飲むようになってからは、頭痛やめまい、動悸などが一気に改善。相変わらず生理痛もなく経血量も少ないので、快適な生理ライフを送れるようになりました。こんなにラクになるのなら、もっと早く婦人科を受診しておくべきだったと後悔しています。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/anyonnyon

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶