「私の何がダメ?」失恋して一念発起!結婚への戦略を練りまくった結果…

27歳のときお付き合いしていた彼がいたのですが、1年持たずに破局。落ち込みましたが、すぐに奮起! 何が悪かったのか、ネットや本で原因を徹底的に分析して、そこで得た教訓を次にお付き合いした彼に続々とぶつけていったのですが……。

「何がダメだったの?」失恋して一年発起!結婚への戦略を練りまくった結果…

 

続きを読む

28歳、失恋を機に改めて結婚への戦略を立てる

27歳のとき、職場の同僚から紹介された彼とお付き合いしていました。恋愛初心者の私は「この人と結婚する!」と意気込んで彼にすべてを尽くしたのですが、1年足らずで破局。「あぁ、また結婚から一歩、遠ざかった……」と、ひどく落胆しました。ですが、どうしても結婚して、子どもがほしかった私。「ここで挫けるわけにはいかない!」と自分を奮い立たせ、「私は結婚して子どもを3人生むんだ!」という目標を掲げ、結婚への戦略を練ることにしたのです。


そのためにまず取り組んだのが、「元カレとの付き合いのなかで何がダメだったのか」と原因を分析。ネットや本で徹底的に調べました。まだ元カレに未練があったので復縁を中心に勉強していましたが、同時にほかの人にも目を向けることを意識。身のまわりにいる人のなかから「結婚するならこの人」ランキングを作成してみました。


候補に挙がったのは4人。1位は当然、元カレです。以下は、
2位・社会人テニスサークルで一番仲がいい3つ年下の彼。しっかりしている。でも態度が大きいのが気になる
3位・街コンで出会った同職の人。1歳年上で私に好意を寄せてくれていた……と思う。何度かデート済み
4位・社会人テニスサークルで2つ年下の彼。線が細くてかわいい感じ。4人のなかで最後に出会う
という結果になりました。

 

社会人サークルで一緒の2つ年下の彼にロックオン!

その後、サークルの飲み会をきっかけに、私は4位の彼に興味を持ちました。黙々と料理を取り分ける彼は、現代っ子らしく線が細くて草食系な見た目。でも、意外と口を開けば面白いことを言うし、まわりの結婚フィーバーに焦って結婚に前のめりな行動をとる私にも臆しません。ターゲットは決まりました!


そこからの私は、まだ付き合ってもいないのに毎週末、ひとり暮らしの彼の家に入り浸り。彼のお姉さんが新婚さんだったので結婚の話をたくさんしたり、「早く結婚がしたい」って言ってみたり。彼にも「結婚願望はある?」と聞いたりして、彼に結婚を意識させるよう努力しました。


そして、東京駅のイルミネーションを彼と一緒に見に行った帰りのこと。「キスしていい?」という彼に、そのままなし崩しになるのがイヤだった私は「軽い女じゃないから付き合ってからじゃないと、そういうことはしないよ」と返すと、彼から「俺と付き合ってください」との言葉! まずは第一段階クリアです。


次に私が自分に課したミッションは「3カ月をめどに結婚の意思を確認する」こと。ダラダラ付き合っても仕方ないので、結婚へのプレッシャーから別れることも覚悟したうえでの決意です。そのうえで、私が彼と付き合ううえでとった行動は、「いつも“ありがとう”の言葉は忘れない」「結婚後に苦労しないよう、できるだけ自然体でいる」「イヤなことはやさしく伝える」。イヤなことはなかったので伝えることはありませんでしたが、この3つを心がけていました。


結婚への意識づけも続行中です。東京のホテルが舞台の映画を観に行き、モデルとなったホテルのラウンジでアフタヌーンを食べたときのこと。調べると、そのホテルは結婚式場にもなっていたので、「これはチャンス!」とばかりに彼を誘導。スタッフさんの「中、見ていきますか?」というナイスアシストもあって、式場見学もしちゃいました! ただ、私が「ステキ~」とウットリしている隣で彼は「変な汗かいてきた」と言っていましたが……。

 

結婚の意思確認という最大のミッション。でも勇気が出ず…

付き合い始めて3カ月。これまでの経験上、違和感があれば1回の食事でも「違う」と感じ、3カ月までには喧嘩や別れがよぎるのですが、彼とは目立った変化はなし。「普通の人」と結婚することに憧れていた私にとって、この上ない相手でした。だから「この週末で彼に結婚への意識を聞き出す」ことを決断!


その日は土曜日。私は朝から「彼にいつ言うか」のタイミングを見計らうことで終始ソワソワ。口から心臓が飛び出るんじゃないかというほど緊張していました。けれど、いくら考えてもベストなタイミングがわかりません。そうこうしているうち、いつも通りの土曜日が終わり、「やっぱり無理に聞くより、自然に結婚したくなるのを待つしかないのかな……」とあきらめモードになっていました。


翌日、朝食を食べながら、前の週に書いたメモを見つけました。毎週末帰るときに私は、「今週も楽しかったよ。また来週もよろしくね!」というメッセージに、彼が大好きな猫の絵を添えたメモを残していたのです。その絵を見た彼が、別の紙に絵を描いて渡してきて、その場で絵しりとりが始まりました。すると、彼から「ゆ」で終わる絵が!


「こ、これは……」と、ドキドキしながら「指輪」の絵を描いてみると、「えっ?」と驚かれて顔がこわばる彼。すかさず、「あのね。私、結婚したいの。私とのこれからって考えてる? もしね、考えてないなら、これ以上付き合ってるとつらくなっちゃうから別れたい」と告白。彼は「そんなことを考えてくれていたんだね。ありがとう。もちろん考えてるよ。俺も結婚したいと思ってる。改めて俺からプロポーズするから……。言わせちゃってごめんね」と、答えてくれました!


出会って1年。こうして私は付き合って3カ月で彼に結婚を決意させたのです!

 

 

彼との関係はトントン拍子に進みましたが、実母との間にはひと悶着が……。母は同業者と結婚させたかったようで、彼との結婚に反対していたのです。ときには喧嘩越しの説得になって、「結婚式には絶対行かない!」と言われたことも!


でも彼が、「俺が話をするから安心して」と言ってくれて、事前に釣書と家族書を作成し、挨拶のときには自分の会社がどのようなことを行っているか、持参したパソコンでホームページを見せながら説明して母を説得してくれたのです!


そんな彼の努力もあって、無事付き合って9カ月目で結婚することができました! コロナ禍直前だったので結婚式も新婚旅行も滞りなく挙行。その後、彼との間に女の子も誕生しました。あのとき勇気を出してよかったです!

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

文/有村りなさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP