暮らし 体験談 生理

「生理が止まって一人前!?」後悔。陸上のために体を絞り続けていたら…

0
中高生時代、私は陸上に青春をかけるスポーツ少女でした。1秒でも速く走れるよう熱血顧問の教えを忠実に守って、過酷な体重制限もしました。その結果、走りやすいスリム体型になったのですが、生理が止まってしまい……。

「生理が止まって一人前!」陸上のため食事制限!でもそのせいで…

 

続きを読む

過酷な食事制限をしていた中高生時代

中高生のとき、私は陸上部に所属していました。熱血顧問の指導が「速く走るためにはとにかく体重を軽く!」という方針だったため、私は毎日、体重計とにらめっこ。ごはんは極力少なく野菜中心の食事で、どんなに小さなお菓子でも我慢……。


そんな努力の甲斐あって、当時の私は身長160cm、体重40kg、体脂肪率10%という、今思えばスリムというよりガリガリの体型になりました。


速く走るためとはいえ、毎日これだけの制限を強いられたのですから、当然ストレスフルになります。その結果、しばらくして、私は生理が止まってしまったのです!

 

母と一緒に婦人科を受診するも…

そんな私を見かねた母が連れて行ったのは、自宅から遠く離れた町の婦人科。「地元の人に見られたら恥ずかしいから……」と、わざわざ遠方の病院を探したそうです。


思春期の私には、問診票にあった「性行為の経験有無」という項目の回答を母の前で記入することも、すごく恥ずかしかったことを覚えています。診察が、女医さんの超音波検査のみで終了したのは幸いでした。診断結果もとくに問題なく、ホルモン分泌を促す薬を処方されただけで終わり、すぐに生理は再開しました。


ただ、遠方の病院だったので、通い続けることが難しくなり、治療は中断。さらに、スポーツ熱心な父が「生理が止まってこそ、一人前の選手」「強豪校の選手は生理がない」と言って、「治療は必要ない」という結論を下してしまったのです!


それから、私の生理はきたりこなかったりと、生理不順の状態のまま放置していました。生理について正しい知識を身につけておらず、両親の言うがままになっていた学生時代。このときの私は「こんな体で将来、子どもが産めるのかな……」と不安に思っていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。