医療 体験談 相談 病院 多胎妊娠・出産

双子妊娠で大きすぎるおなか!出産までの4週間、ほぼ寝たきりで過ごした結果…【体験談】

1
双子を妊娠し、妊娠中期で臨月と間違われて周りに驚かれ、着られる洋服は大きめのワンピースだけだった私。妊娠後期にはおなかが大きすぎて座ることも眠ることも大変! 出産までの4週間ほぼ寝たきりで過ごした私の体にできた“ある物”についての話です。

双子妊娠で大きすぎるおなか!出産までの4週間、ほぼ寝たきりで過ごした結果…【体験談】

 

続きを読む

大きなおなかで臨月と間違われる日々

双子の妊娠がわかってからあっという間に自分自身も周りの人もおなかの膨らみを感じるようになり、4歳の娘とお風呂に入ると「おなか出てきたね~」と言われ、赤ちゃんの成長を一緒に楽しみにしていました。妊娠前に着ていた洋服も着られなくなり、妊娠5カ月になるころには大きめのワンピースを着て過ごしていました。

 

どんどんおなかは大きくなり、妊娠7カ月後期には外で会う人たちに「いつ生まれるの?」や「出歩いて大丈夫なの?」「もう生まれちゃいそうね~」と声を掛けられ、どこにいても臨月と間違われるほど……。私が「まだ妊娠7カ月です」と答えると大変びっくりした顔をし、「双子妊娠中です」と話すとみなさん納得して笑っていました。

 

おなかが大きくてどの体勢でも眠れない

私は妊娠7カ月後期ごろから、横になることがつらくなり始めました。おなかが大きくてあお向けに寝ると苦しくなり、横を向いてもおなかの位置が落ち着かず、ぐっすりと眠ることができなくなったのです。ママ友に抱き枕があると良いと聞いたので購入しましたが、あっという間におなかが邪魔して抱きつくことができなくなりました。

 

私は「昼間でも眠くなったときに寝れば良い」と考えるようになり、夜眠れないときは眠ることをあきらめて、リビングでテレビを見て過ごしました。どんどん大きくなるおなかと共に生活をして、妊娠8カ月後期に入るころにおなかが頻繁に張るようになり、管理入院が始まったのです。

 

病院ではベッドで生活、歩くこともつらい

管理入院は30分間のシャワーとトイレ以外、病室のベッドの上での生活でした。妊娠8カ月後期を過ぎたころには、おなかが大きくて私は長時間座っていることもつらくなりました。歩くときはおなかを突き出すような、背中を後ろにそらせた姿勢でしか歩けません。

 

腰への負担が大きく、たくさん歩くことはできず、シャワー室へはゆっくり歩いていき、シャワーは椅子に座って浴びていました。そのため、私はほぼベッドに横なり本を読んだりスマホを見たり、娘に手紙を書いたりして過ごしていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。