「好みじゃない」男性のアプローチを総スルー!予想外の結末が待っていた…

私は夫と結婚して7年が経ちます。第一印象から、私の好みのタイプではかった夫。しかし、結婚した今、彼に対する気持ちは付き合った当初と変わりません。それは付き合い始めたころのドキドキではなく……。

「好みじゃない」男性のアプローチを総スルー!予想外の結末が待っていた…

 

まったくタイプではなかった彼との出会い

出会いは友人の紹介でした。紹介と言っても私は当初、彼のことを友人のひとりとしてしか見ておらず、異性としてまったく認識していませんでした。


しかし彼は一目見たときから私を気に入ってくれていたようで、まもなくアプローチが始まりました。しかし私のタイプではなかったので、彼からの気持ちに気付きながらも私はスルーしていたのです。

 

好きになることができない葛藤

アプローチを受けていましたが、私には違う彼氏ができ、彼とは疎遠になっていきました。しかしその彼氏とはすぐに破局。その後も付き合う人にことごとく振られ続けた私は、すっかり自分に自信をなくし、心がボロボロになっていました。そんななか、私はまったくタイプではなかったあの彼と2年ぶりの再会を果たします。


離れていた2年間、彼はずっと私を思い続けてくれていたようで、私に彼氏がいないことを知るとすぐにまたアプローチをしてくれました。しかし私は恋愛で失敗が続いたことから、簡単に人を信用することができなくなっていて……。「きっとこの人もやさしいのは最初だけ。付き合って時間が経てば、私を振るのではないか」と疑心暗鬼になっていたのです。


そうやってあと一歩を踏み出せずにいた私に、彼は何とか私を楽しませようとそばに寄り添ってくれました。そんな彼のやさしさや人柄が十分に伝わって「きっとこの人は私を大切にしてくれる」とは感じていたのですが……。どうしても彼を異性として見ることができない自分の感情に、私は葛藤し続けたのです。

 

一緒にいて楽しい自分に気が付く

しかし、お互いを知るうちに、好きな食べ物や音楽が同じであったり、数年前に限定販売されていた同じスニーカーを持っていたりと、趣味や価値観が似ていることに驚かされました。もはやここまで同じだと、彼との相性の良さを認めざるをえないくらい。


そして何より、一緒にいる時間の居心地の良さは否定できませんでした。どんなにタイプじゃなくても、一緒にいる時間はとても楽しくて、帰る時間になると寂しさを感じている自分に気が付きました。そうして少しずつ距離が縮まり、彼から正式にお付き合いを申し込まれました。


そのころにはいつの間にか、彼への気持ちは「タイプじゃない」という域を超え、人としての愛情や尊敬の念に変わっていました。そして彼とのお付き合いが始まり、付き合って1年で結婚。今ではかわいい子どもにも恵まれました。

 

 

彼と結婚して7年経った今も、彼に対する愛情や尊敬の念は変わっていません。それは最初に「タイプであるか、異性として見られるか」というフィルターを飛び越えて、「人として信用できるか、私を幸せにしてくれるか」という人間性を見ていたからだと思います。


きっと彼が好みのタイプだったら、ちょっとくらいの欠点は見ないようにしていたと思います。でも彼が好みのタイプでなかったからこそ、彼の人柄や本質を見ることができたと今では思うのです。私にとって大切なのは、一緒にいる安心感や居心地の良さ。そしてそれは何年たっても変わらないということを、日々体感しています。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/山村智子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶