「年下はちょっと…」婚活アプリで知り合った彼。会ってみたら…えっ、意外!

出会いもなく周りの結婚ラッシュに焦っていたアラサー女子の私。友人の影響でマッチングアプリを始めてみたら……運命的な出会いが!?

続きを読む
 

「年下はちょっと…」婚活アプリで知り合った彼。会ってみたら…えっ、意外!

 

「年下はちょっと…」婚活アプリで知り合った彼。会ってみたら…えっ、意外!

婚活パーティーでうまくいかず…

私と夫が出会ったのは、今から5年前。きっかけはマッチングアプリでした。女性ばかりの職場で出会いもなく、30歳目前の私には合コンのお声もかからなくなり「このままじゃ一生ひとりかも……」と、内心かなり焦っていました。

 

数少ない独身の友人と婚活パーティーにも何度か参加してみましたが、これといった成果はなく、その日のパーティーでの出来事を肴に、帰りに友人と飲むのが楽しみとなってきていました。

 

その日も、友人と婚活パーティー終わりで飲んでいると、友人から「マッチングアプリに登録した」との報告が。私は「怪しくない~?」と、疑心暗鬼でしたが、すでに何人かからイイネ!され、メッセージのやりとりに忙しくしている友人を見て少しうらやましくなり、私もその場の勢いで登録することに。

 

ひと通りの手順を教わり、プロフィールや写真を登録すると、さっそく何人かからイイネ!が……! これまで出会いがなかった私にとっては新鮮で、その日からはしばらく携帯とにらめっこ状態でした。

実際に会ってみると…ビックリ!

やりとりが続き、最終的に会うことになったのは3人。1人目、2人目とお会いしましたが進展はなく、3人目が今の夫です。メッセージのやりとりは一番心地がよく楽しかったのですが、3歳年下ということもあり、異性というより弟のような感覚。私の中で恋愛に発展する可能性は一番低い気がしたので、最後に会おうと考えていました。

 

しかし実際に会ってみると、そのスマートさに驚かされました。お店を予約してくれている、車道側を歩いてくれる、エスカレーターなどではさりげなくうしろに立ってくれる……など。どれも些細であたり前なことかもしれませんが、弟感覚だった彼が、私をきちんと女性扱いしてくれていることにビックリしたのと同時に、それを機に一気に男性として見るようになりました。

 

年齢差を気にしていたけれど

そして何度目かのデートの後、告白してくれてお付き合いすることに!

 

ドライブのときは、必ず冷たい飲み物と温かい飲み物を、肌寒いときにはひざ掛けを用意してくれていたり、お手洗いもこちらが言い出しやすいよう気を遣ったりしてくれる彼。一緒にいると心から笑顔になることができ、お付き合いから3年が経っても、付き合ったときと変わらないやさしさで接してくれました。

 

そんな彼との将来を考えないはずはありませんでしたが、私のなかでは3歳の年齢差がネックになっていて……。年齢差があることで、彼の負担になってしまわないだろうか……。彼と一緒にいる時間が楽しかったからこそ、不安の種であった年齢差のことは彼には聞くことができずにいました。きっと聞くのが怖かったのだと思います。

 

悶々と過ごしていた私でしたが、付き合って3回目の私の誕生日に、お付き合いを申し込んでくれた思い出の場所で、彼がロマンチックなプロポーズをしてくれたのです! 彼は、付き合い当初から結婚を意識していたこと、一緒にいてこんなに楽しい女性は私しかいないことなど、私の不安を払拭してくれる言葉をかけてくれました。

 

緊張から汗びっしょりな彼。そんな彼をとても愛おしく感じ「幸せにして!」ではなく「一緒に幸せになりたい!」と思いました。

 

現在、結婚して3年目。昨年長女が誕生し、ますます賑やかになりました。夫婦仲も良く、買い物に出かけたときは手をつないで歩きますし、夫の誕生日や記念日にはサプライズや彼が喜んでくれることを考えています。

 

しょうもないことで笑い合ったり、夜は2人で晩酌をしたり、日頃からお互いを労う言葉や感謝の言葉も忘れません。婚姻届を記入しながら話した、「うれしいことは2倍に、悲しいことは半分にできる夫婦でいようねー」という思いは今も変わらず、これからも仲の良い夫婦でありたいと思います。

 

原案・文/藤山ゆうか

作画/霜月いく

 

 

★♡★♡ベビカレ秋のマンガ祭り★♡★♡

マンガ200連載突破を記念して『べビカレ秋のマンガ祭り』開催中!話題のマンガを毎日増量配信♪ぜひチェックしてくださいね!

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター霜月いく

    マンガとイラストを描いてます。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP