「絶っっ対に嫌!」生理の量、多すぎ!?寝ていてもも座っていても不安で…

まだ生理が始まって間もないころ、経血の量も安定せず生理がひどかったときの話です。当時の私はまだ中学生くらいでしたが、とにかく量が多くて、座っていても寝ていても、ナプキンだけでは不安な状態でした。

「絶っっ対に嫌!」生理の量が多すぎ!?いつも不安な私がいきついたのは

 

漏れが不安でおなかに力が入れられない!

当時の私は昼夜問わず、夜用の巨大ナプキンを使用していました。もちろん2日目でもそうでないときでもです。座っていても寝ていても、ちょっとおなかに力を入れると経血が出る気がして気が気ではなかったのです。

 

座るのも正座でないと不安なくらいで、夜の寝返りも思いっきりはできず、常に漏れるのではないかという不安で緊張していました。

 

絶対に漏れたくないときにとった方法は?

とはいえ、当時は体育の授業や部活などもあり、動かない訳にはいきません。でも、授業中に体操服や制服を汚してしまっては大問題! 男子生徒もいるので、漏れるのは絶対に嫌でした。

 

そんなとき私がどうしていたのかというと、多い日用や夜用のナプキンとタンポンをダブル使いする方法です。タンポンだけを使用していたときもありましたが、ナプキンだけのときより吸収はしてくれるものの、やはり漏れてしまうこともありました。

 

そこでタンポンでしっかりと吸収させ、さらにナプキンで漏れ予防もする!ということにいきついたのです。

 

絶対に漏れない安心感で不安も解消!

今になって思うのは、当時は「もしも生理の経血が漏れてしまったらどうしよう」という不安が大きかったと思います。ナプキンだけでも、タンポンだけでもどちらかひとつだけではなんだか頼りない気がしてしまい、自分で勝手に不安になりすぎていました。

 

それが、ナプキンとタンポンの両方を同時に使用することで、「絶対に漏れないから大丈夫」という気持ちになれました。この安心感が欲しかったんだと今になって思います。中学校では陸上部に所属していたので、思いっきり活動することにも抵抗がありましたが、安心感があることで、授業や部活などにも打ち込むことができました。

 

 

生理が始まってから数十年が経ちますが、あれほど経血量が多かったのは就職したころまでです。20代になってからは、生理周期も経血量も安定して、タンポンとナプキンのダブル使いをすることもなくなり、毎月毎月生理の漏れを気にしていたころがあったな、と思い出すくらいです。

 

あのころはナプキンとタンポンの両方を使用することで、漏れだけでなく、気持ちも救われたなと思います。まだ自分の生理との向き合い方もわからず、思春期の私にとっては、それくらい生理の経血が漏れることがとても嫌なことでした。

 

当時の自分に「数年経てば、そんなにひどくなくなるから大丈夫だよ」と伝えたいです。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/sugar111 佐藤 幸代

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶