「近い近い近い!」ドキッ!お局様が背後に!?ビクビクしていると…

私が23歳のころ勤めていた会社には、淡い緑色のズボンの制服がありました。ある日、とても怖い会社のお局様と会議の準備をしていたら、背後から声をかけられて……。

ドキッ!お局様が背後に!「何かした!?」ビクビクしていると…

 

何かミスした…!?

入社して2年目のある日、私は会社のお局様と一緒に会議の準備をしていました。お局様はストレートな言葉が多く、ぶっきらぼうで無愛想。社内でも怖いと有名で、私たちは特に会話をすることなく、黙々と資料作成やプロジェクターの設営をしていました。

 

準備が一段落し、ホッとひと息つこうとしたとき……なんと私の背後にお局様が! 「ち、近い!」と、私はとてもびっくりしてしまいました。何かミスをしたのかな、怒られるのかなと思いビクビクしていると、お局様が小さな声で「ズボンに血がついてる」と言うのです。慌ててズボンを確認するとたしかに汚れが。急に生理がきてしまったようでした。

 

背後にいた理由は

お局様が背後にいたのは、ズボンについた血を隠すためでした。いきなり生理がきてしまい、どうしようかと私がフリーズしていると、お局様がまた小声で「替えのズボンある? ナプキンは?」と聞いてくれました。

 

「ズボンが……ありません」と答えると、「じゃあ、貸してあげるから。嫌じゃなかったらこのひざ掛けを腰に巻いて一緒に更衣室に行こう」とひざ掛けを貸してくれました。私は「血がついてしまう可能性があるから」と一度は断りましたが、強引にひざ掛けを腰に巻かれて、一緒に更衣室へ行くことに。

 

お局様に感謝!

更衣室でもずっと無言で怖い雰囲気を出していたお局様でしたが、私が着替え終わると「おなかは痛くない? 痛み止めあるよ」とやさしく声をかけてくれました。私はそのやさしさに、少し泣きそうになってしまいました。

 

お借りしたひざ掛けに血はついていませんでしたが、その後ズボンと一緒に洗って返しました。このひざ掛けがなかったら、更衣室までに誰かに見られ、恥ずかしい思いをしたかもしれません。お局様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

この一件から、急な生理にも対応できるようにしておくべきだと反省しました。そしてお局様、あのときはありがとうございました。今まで勝手に怖い方だと思っていてごめんなさい。お局様のような、困っている女性がいたら助けられる余裕の持てる女性になりたいと強く思いました。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者 / 相田ゆり
イラスト/マメ美

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶