暮らし 体験談 結婚

「婚約者がいるのに…会っちゃダメだ」年下男子から猛アプローチに私は…

0
2年ほど付き合っているフランス人の彼。本国で私を呼び寄せる準備が整い、3カ月後には渡仏! という段階で、当分日本に戻れないと思った私は、念願だった屋久島の縄文杉を見にひとり旅へ。これが私の人生に急展開を起こすことになるとは知らずに……。

「会っちゃダメだ」年下男子から猛アプローチ!私には婚約者がいるのに…

 

続きを読む

2年交際したフランス人の彼と遠距離恋愛に

38歳のとき、私は約2年付き合っていた彼と遠距離恋愛中にありました。相手はフランス人。ビザが切れたために帰国しており、向こうで仕事を見つけて落ち着いたら、私を呼び寄せてくれることになっていました。

 

当時は本気で結婚したいと思っていた時期。さらにフランスの文化や言葉が大好きな私は、彼と一緒に暮らせること以上にフランスでの生活にワクワクしていました。


でも、遠距離恋愛が半年過ぎると「いつまで待てばいいのか、別れるべきか」迷いが生じるようになってきて……。モヤモヤした思いを抱え、気持ちが徐々に離れていくのを感じながらも、彼からの知らせを待つ日々が続きました。

 

彼がフランスに帰ってから9カ月後。ようやく「フランスにきて」との連絡が! ただ待つだけの状況に一時は彼への想いが心許なくなりましたが、彼からの連絡を聞き、改めて私も日本での生活を卒業してフランスに行く覚悟を決めたのです。

 

渡仏前の屋久島旅行で思わぬ出会いが!

フランスに出発する3カ月前。渡仏したら日本に戻ることは当分ないだろうと思った私は、「日本にいるうちやっておきたいこと」リストを作って実行することにしました。

 

そのひとつが「屋久島の縄文杉を見ること」。ずっと行ってみたいと思っていた場所で、ひとり旅で縄文杉トレッキングツアーに参加しました。ところが、なんとこのツアーで私の人生を大きく変えていく男性と出会ってしまったのです!


当時、彼は23歳。純粋そうな目や雰囲気に光るものを感じたのを覚えています。「同世代だったら関係を深めていきたかったな……」と、少し残念に感じたものの、それ以上はとくに思うことはなくトレッキングツアーは終了。その際、メンバーはお互いLINE交換をしたようですが、私は「フランスに行くし、みんなにはもう会わないだろうから」と思い、仲良くなった女の子とだけ交換。

 

するとその日の夜、彼から「今日はお疲れさまでした。楽しかったですね」というLINEが届いたのです! なんでも、私がLINE交換した女の子から連絡先を聞いたとのこと。びっくりしましたが、メッセージがうれしくて、つい「そういえば明日、雲水峡に行くって言っていましたよね。私も行ってみたいと思っていたので一緒に参加してもいいですか?」と返事をしてしまいました。

 

翌日、2人で行った白谷雲水峡の半日トレッキングでは、ずっと会話が弾み、価値観、考え方、好きなこと、嫌いなことなど、「前世は兄弟だったのかも」と感じてしまうほど、彼とは共通点がいっぱい!「ここまで自分と合う人がいたんだ!」と驚くとともに、出会ったタイミングと年齢差を、ひどく残念に思いました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。