「生理の量、減ってない?」28歳なのに年々少なく…。妊娠できるか不安

28歳のときに妊活を本格スタートさせた私。学生時代はひどい生理痛になることも、生理不順に悩まされることもなく過ごしてきました。ただ、経血漏れを起こすほど出血量が多かったのに、その量が年々減ってきていて……。

「生理の量が少ない…」年々量が減ってる!?妊娠できるか不安になって…

 

続きを読む

生理痛や生理不順とは無縁だった私

28歳のときのこと。結婚していた私はそろそろ妊娠したいと思い、本格的に妊活を始めました。

 

学生時代は、特に生理痛や生理不順で悩むことはありませんでした。ただ、気になっていたことと言えば、経血量が多く、経血漏れを起こすことがたびたびあったことくらいです。そのため、妊活にそこまで不安はありませんでした。

 

年々経血量が減り、妊娠できるか不安に…

ところが、年齢が上がるとともに、あれだけ多かった経血量が少なくなっていったのです! 私は「このままでは妊娠できないのでは……」と不安になり、まずは葉酸やビタミンEなど妊活にいいと言われているサプリメントを摂取しました。

 

妊活を始めて半年後には、自分が妊娠できる体かどうかを婦人科で調べてもらいました。経血量が減ったのは、加齢に伴い子宮内膜が薄くなったことが原因だそうです。ただ、体に問題はなく、妊娠はできるとのこと。それ以降、継続してタイミングなどの経過を診てもらうことにしました。

 

生理がきては落ち込んで…を繰り返す

そこからは毎日、基礎体温計とにらめっこです。毎朝基礎体温を測り、体温が下がるたびに生理がきては気分が落ち込み、また翌月に体温が下がって生理がきては落ち込む……。その繰り返しです。何度「生理よ、くるな!」と思ったことか。

 

ただ、生理がくるたび落ち込む私に代わり、夫が楽観モードでいてくれたのは救いでした。「気にしなくてもすぐできる、すぐできる~♪」と明るく言ってくれた夫のおかげで、過度なプレッシャーや落ち込みもなく過ごせたと思います。

 

その後も「今日の自分が一番若い!」と思いながら休まず妊活。その甲斐あって、妊活3年で待望の妊娠! 現在は3児のママとなりました!

 

 

女性なら生理がきて当たり前、妊娠して当然という思いがどこかにありましたが、生理がきちんと毎月くることも、妊娠することも、奇跡のようなことだと身をもって感じました。少しでも生理不順になったり生理痛を感じたりしたら、ちゃんと生理に、自分の体に向き合うことが大切なんだと学びました。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
文/新米ママさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      妊娠するのに抵抗ないってすごいね

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP