「こんな恥ずかしいものまで!?」国際結婚で感じた想定外のハードル!

日本で8年ほど仕事をしていたオーストラリア人の夫と結婚し、13年目です。国際結婚といえば、言葉の壁や文化の違いなどの悩みを多く聞きますが、夫は日本に住んでいた経験もあり言葉や文化の違いをよく理解してくれているおかげで、安心して結婚を決意することができました。しかしその後、想像していなかった別のハードルに気づくことに…

「疑われてる!?」国際結婚で感じた想定外のハードルとは!?

 

結婚式に家族全員が揃えない?

うれしいことに、国際結婚である私たちの決断に、夫の家族そして私の家族の全員が大賛成をしてくれました。しかし、早速のハードルが立ちはだかってきたのです。それは「結婚式に家族全員が揃えないこと」でした。

 

自営業である私の父は2日以上の休みを取ったことがなく、海外での結婚式には参加できません。そして夫の父は、当時闘病中だったために日本へは来られないという状況でした。その結果、私が小さいころから夢に描いてきた大きな披露宴は諦め、日本で、形だけの小さな式を挙げることになったのです。

 

移住ビザの申請がとにかく面倒!

結婚したらオーストラリアへ帰りたいという夫と一緒に、オーストラリアへ移住する決意をしました。そこで立ちふさがったのが移住ビザの取得です。オーストラリア領事館に提出する書類は本当にたくさんあり、集めるだけでも大変でした。

 

しかも、偽装結婚ではないという証拠として交際中に交わした手紙やカード、一緒に撮った写真など恥ずかしくなるようなものまで提出が必要。結局、申請を始めて8カ月ほど経ってから、やっと移住ビザを手にすることができました。今でも5年に1回の更新が必要で、うっかり更新し忘れたままオーストラリアを出国してしまうと帰国できなくなるため、常に更新時期を覚えておかなくてはなりません。

 

緊急時はとくに、日本の遠さを痛感

そして、3年前には日本にいる私の父が亡くなりました。とても急だったため、父の最期に間に合いませんでした。オーストラリアへ移住してきて7年目、自分なりに覚悟はできていたつもりでしたが、最期に手も握ってあげられなかったこと、今までの感謝も伝えられなかったことが悔しくて悲しくて。しばらくの間は、国際結婚をし移住した私のせいだと自分を責めました。

 

しかし父は、私の結婚、そして移住を心から応援し続けてくれた人。それを思い出し、頑張って幸せになるしかない!と、今はそう思うようにしています。

 

 

最近では、国際結婚は珍しいものではなくなりました。そんな現代でも、お互いの家族が遠いこと、住む場所に適したビザの取得など、私たち夫婦の努力ではどうにもならない悩みやハードルがあります。しかし結局は「私たちが幸せかどうか」であることを忘れず、これからも夫婦で一緒に解決していきたいと思っています。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/松本奈緒
イラスト/sawawa

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶