「生理前だからよね」尿に血が混じってる!?放置したらまさかの事態に!

26歳、27歳のときに受けた会社の健康診断で尿潜血が認められた私。再検査を要請されましたが、まだ若く、生理痛が重いくらいでほかに自覚症状がなかったのでそのまま放置してしまいました。すると突然、不正出血が起きて……。

「生理前だから?」尿に血が!?放置していたらまさかの事態に!

 

健康診断で尿に血が混じる

毎年受けている会社の健康診断。26歳のときに受けた健康診断で、尿潜血が認められ、再検査に行くよう指示されました。

 

しかし、このときの私は「生理前だったからかな?」と軽く考えてしまい、病院に行かずそのまま放置してしまいました。翌年の健康診断でも同じように尿潜血が認められましたが、重い生理痛はあるものの周期は一定しており、これといった自覚症状もなかったため、このときもまた再検査を受けることなく過ごしていました。

 

再検査を放置していると不正出血が!

ところが、健康診断のあとしばらくすると、突然、覚えのない出血が……!

 

しかも、一度だけでなく何度もあるのです。急に不正出血を起こすのですから、そのたびに血で洋服を汚してしまい、何枚もの服を泣く泣く処分するハメに。

 

さらに、全身の倦怠感、貧血、激しい生理痛といった症状も現れるようになって……。特に貧血は日に日にひどくなり、倒れてしまったこともありました。

 

これだけ症状が出てくると、さすがの私も不安に襲われ、急いで病院へ。

 

妊娠しにくい体になっていた

診察の結果、不正出血の原因は子宮内膜ポリープであると診断されました。しかも、健康診断で尿潜血が確認されてから2年も経っていたので、かなり大きな子宮内膜ポリープとのこと。そのため妊娠しにくい体になっていると告げられました。

 

このとき私は結婚して間もないころだったので、すぐに手術を決行。幸いにも、ポリープを取ってから4カ月後に無事、子どもを授かることができました!

 

 

正直、不正出血を軽く見ていました。自覚症状がなかったので「自分は若いから大丈夫!」と思い込んでいたように思います。通常では考えられない出血なのですから、体はSOSのサインを出していたんですよね。

 

当たり前のことではありますが、健康診断で再検査の必要があれば、放置せず病院に行くべきだったと反省しています。すぐ動いていれば、ここまで大ごとにならずに済んだかもしれません。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
文/にくまん。さん

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶