「不妊のリスクがあります」えっ!生理不順で婦人科へ行って判明したのは

部活も勉強も力を入れていた高校時代。そのストレスなのか、私はずっと生理不順でした。症状は大学生になっても治らず、生理が月2回あったり3カ月あいたりと悪化の傾向に。不安になって婦人科を受診すると……。

「将来、不妊のリスクが…」えっ!?生理不順で婦人科へ行くと…

 

高校時代から続く生理不順

私は高校生のころから生理不順。当時は部活動が忙しく、勉強にも力を入れていたため「ストレスかな?」と軽く考えていましたが、大学生になっても変化なし。

 

むしろ、生理が月2回きたり3カ月も間があいたり。経血量も多かったり少なかったり、生理期間も長引いたり短かったりと、いっそう不順になっていったのです! さすがに「これってよくないんじゃ……」と思った私は婦人科を受診しました。

 

大学生になり、初めて婦人科を受診

デリケートなことなので、女性医師の名前が付いたクリニックを選んで行ってみると、対応したのは男性医師! 驚きと戸惑いがあったものの、とても親身になって診察してくれて、問診をおこなったあとに超音波検査を受けました。

 

結果、私は多嚢胞性卵巣症候群であるとの診断が! 血液検査もしましたが、その結果も同じでした。病名を言われても正直よくわからなかったのですが、卵子が排卵されず卵巣内に溜まっていく病気であるとのこと。医師に「将来、不妊のリスクがあるから、もし妊娠を希望する時期になったら受診してね」と言われました。


そのとき私は18歳で大学生。まだ妊娠を希望していなかったので低用量ピルを処方してもらいました。低用量ピルの服用は思いのほか快適で、これといった副作用もなく、安定した生理周期を送ることができて助かりました。

 

ピルをやめたら再び生理不順に

その後、23歳で結婚。新婚旅行にも行き、「そろそろ子どもが欲しいな……」と思った私は、自己判断で低用量ピルの服用を休止。低用量ピルを飲まなければすぐ妊娠するだろうと勝手に思っていたのです。

 

ところが、低用量ピルの服用をやめて3カ月。また生理不順に逆戻り! 最初は不順に気づかず、生理がこないことで「子どもができたかも!?」と喜んでは、妊娠検査薬の陰性結果に落ち込んで……。結局、また婦人科を受診することにしました。

 

偶然にも、私が受診した婦人科は不妊治療に特化した病院。事情を説明し、子どもが欲しいことを伝えて診察をしてもらい、治療を始めました。

 

まず、卵子を大きくする薬を処方されて5日間飲みました。でも卵子は大きくならず、容量を増やしても効果がなかったため、次のステップに進み注射へ。今度は卵子が大きくなったものの、卵子ができすぎてしまい、「多胎妊娠になる可能性があります」と言われて、そのときは治療を見送ることに……。


なかなかうまくいかずに治療を続けること7カ月。ようやく陽性反応が! 私にとっては、短いようでとても長く感じられた治療期間でした。

 

 

今回のことで、「女性にとって生理は健康のバロメーターなんだな」と、しみじみ実感。生理不順は、若いうちはだれでもなりやすいので、ひどい症状がなければつい後回しにしてしまいがちですが、それではいけないのだと思いました。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
文/もりひなさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶