「神過ぎるー!」生理中の症状がつらい私に、夫がしてくれたのは…

生理中はどうしてもイライラしたり、眠くなってしまったり。私の場合一番つらいのは生理痛で、生理痛に悩まされている間はとても繊細な気持ちに。そんなときの夫の何気ない行動や発言について紹介します。

「寝ていいからね」やさしさにジーン…。生理中、夫の神言動3選

 

続きを読む

生理中でつらいときに

私の場合、腰がだるい感じや、腰に何かが乗っているような痛みがあります。

 

あるとき生理中だった私は、いつものように生理痛が腰がだるくベッドに横になっていました。すると夫が「大丈夫か?」と声をかけてくれて、ずっと腰をさすってくれたのです。夫の手のぬくもりで痛みが軽減されて、夫の温かなやさしさを感じました。

 

眠気を快く受け入れてくれた

生理中、私はびっくりするくらい眠くなります。休日であれば、朝起きて、朝ごはんを食べたらすぐ寝てしまい、お昼ごろに目が覚めてお昼ごはんを食べたらまた寝てしまう、というくらい。さらに日中たくさん寝たとしても、夜も普段通りに眠れてしまいます。

 

結婚してからは、さすがにそこまで自由に寝られないだろうなと我慢していたのですが、夫が「生理中って眠いんでしょ? 眠かったら寝ていいよ!」と言ってくれました。

 

生理中に眠くなることを知っていて「寝ていいよ」と言ってくれた夫のやさしさが、とてもうれしかったです。

 

生理用品を迷わず購入してきてくれた

いつもはナプキンを切らすことはない私ですが、たまたま買い忘れていて生理中にナプキンが足りなくなってしまったことがありました。しかし生理痛がひどく買いものに行けなかったので、遠慮しながらも夫に頼んでみました。

 

すると「いいよ! どんなのを買ってきたらいいの?」と、すんなり快い返答が! その後、買ってきてほしいものを伝えるとドラッグストアで購入してきてくれました。

 

夫は生理用品を買うことに抵抗はまったくなかったようで、これがきっかけで夫がひとりでホームセンターなどに出かけたときにも、生理用品の購入をお願いすることが多くなりました。

 

 

夫は結婚する前からやさしさや思いやりがあるだけでなく生理への理解がある人でした。そういった彼のやさしさが、私が彼との結婚を決めた理由の1つでもあります。私は「夫婦は思いやりが一番大切だ」と思っているので、夫が女性ならではの悩みに思いやりをもって接してくれることはすごくうれしかったですし、感謝しかありません。

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO
著者/のろ ゆうこ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP