「男の子なんだから!」闘争心むき出しのママ友…勇気を出して意見を伝えるも、返答にドン引き…!【体験談】

5歳の娘をブラジルで子育て中です。ブラジルは多民族国家であり超格差社会でもあります。肌の色や目の色といった外見的な違いはもちろん、受けてきた教育レベルや宗教の違いなどにより考え方も本当にさまざまです。そのため、ジェンダーや宗教、人種などの話題はことさら慎重さが求められます。そんなブラジルで、ジェンダー差別丸出し(ときには人種差別も!)の発言をするママ友に遭遇。モヤモヤが積み重なっていました……。

びっくりしているママのイメージ

 

続きを読む

柔術教室でいつも闘争心むき出しのママ友

5歳の娘は柔術教室のキッズコースに通っています。同じ年くらいの楽しいお友達と、やさしくも厳しくもある素敵な先生に恵まれ、とてもうれしそうに通えています。そんな柔術教室のキッズコースですが唯一気になるのが、闘争心むき出しのママ友です。

 

そのママ友の子どもはとても穏やかな性格で特に問題はないのですが、ママ友はとにかく負けずきらい。子どもへの指導も厳しく、ときには先生がいるのにも関わらず道場に入って子どもに指導することもあるほどでした。

 

「男の子は女の子に負けちゃダメ」

ママ友が単に負けずぎらいなだけであれば、適度な距離をおけばすむ話なので大した問題ではありません。問題はジェンダーや人種に関わるデリケートな発言を、道場中に響く大きな声ですることです。例えば自分の子どもが女の子と対戦したときは「男の子なんだから女の子に負けちゃダメ!」と発言。ジェンダーフリー活動が活発なブラジルにあって、ジェンダーを押し付けるような言動に一瞬道場の雰囲気が悪くなることもありました。

 

また人種差別的なところもあり、これは言ってはいけないという自覚があるのでしょうか?他のママたちに聞こえないように、こっそりと私に「黒人の子だからもともと筋肉が強いのよ」と言ってくるなど、どんどんモヤモヤが積み重なっていったのです。

 

勇気を出して意見を伝えると…

モヤモヤに耐えられなくなった私は、問題のママ友に「男の子だから、女の子だからじゃなくって、一生懸命頑張れてたらいいよね」と言ってみました。「男の子だから」こうでなくてはいけないと、決めつけるのはなにか違うのではないかと、私自身思っていたからです。

 

ですが彼女からの返答は「小さいころから男の子のほうが体が大きくて力も強いんだから勝たなきゃダメでしょ。」というもの。この返答で私は「きっとこのママ友の意見は変わらないだろうな」と感じました。そのため、娘を「男の子だから~、女の子だから~」というジェンダー差別むき出しの意見から守るために柔術のクラスを変更することを決意したのです。

 

結局別のクラスに移動することに

柔術のクラスが変わるということで、仲の良いお友達と娘が離れ離れになってしまうことだけが私の気がかりでした。

 

ところが、みんなジェンダー差別発言をするママ友から離れたかったのか、結局ほとんどの子どもが別の曜日のクラスに移っていきました。結果として仲の良いお友達と離れることなくまた一緒に柔術を習えることになりました。

 

 

他人の意見はなかなか変えられるものではないと思います。そしてその意見が自分や自分の娘に有害であるとき、無理に相手を変えるのではなく、臨機応変に対応していくのが一番だと感じています。これからもこういった場面に出合うことがあると思いますが、柔軟に自分や娘にとって最善の方法をとっていきたいです。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 


著者:レイトン 愛加

5歳の娘を育児中。現在はブラジルに移住しており、海外での子育てと仕事の両立に奮闘中。大学卒業後、ずっと経理の仕事をしており、ブラジルで独立して事務所を構えることが直近の目標。いつか子どもと世界旅行をするという野望も!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママトピの新着記事

  • PICKUP