「涙が止まらなくなった」素晴らしい母親ではなかったけれど…息子の成人の日にしみじみ感じたこと

2021年、息子さんが成人式を迎えたちょこさん。成人の日、母として思ったことをマンガにつづっています。ちょこさんが涙が止まらなくなった理由は……、そして、この日しみじみ感じたことは……。

 

息子が成人式を迎え…

ちょこ成人の日 1

 

ちょこ成人の日 2

 

ちょこ成人の日 3

 

 

ちょこ成人の日 4

 

ちょこ成人の日 5

 

ちょこ成人の日 6

 

 

ちょこ成人の日 7

 

大学生の息子が、2021年に成人式を迎えました。

 

男子ということで晴れ着を用意するわけでもなく、手持ちのスーツを着せるだけ。前日まで実感はまるでありませんでした。

 

当日、スーツを着た息子が「成人式で昔の友だちと会えるのが楽しみすぎる。今日が楽しみすぎる」と言ったのを聞いて、私も息子の笑顔がうれしすぎる……と感じたのです。

 

「会場まで写真、撮りに来る?」「ううん、こんなおばさんが行くより友だちで撮影したほうが楽しいでしょ」と言っていた私でしたが……。

 

息子は「今から近くの公園で式に出る友だちと待ち合わせだけど、そこでは写真撮れるけど?」と聞いてくれたのです。
私もスマホを片手に公園に向かうと……いつものように自然に私の前で笑顔で並んでくれる息子と友人たちがいました。

 

何枚か撮影して自宅に戻り、写真の中の自然な笑顔の彼らを見ていたら、今までことあるごとに彼らの写真を撮り続けてきた、さまざまな場面が思い出されて涙が止まらなくなりました。

 

私は、手際も悪いし家事も苦手だし、料理を作るのだって遅いし、素晴らしい母親でもなんでもありません。

 

そんな私が息子の成人に思うこと……。親というのは実は、子どもというひとりの人間の人生の一番最初から、ずっと近くで見ていられる権利をもらったということなのではないかと、今しみじみ感じています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:ちょこ

とうとう50歳になってしまった大学生と小学生2人の母。夫含め5人で暮らしている。ライターをやりつつ、ゆるいマンガをインスタに上げている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶