孤育て中、会社の先輩女性に言われた言葉…ただただ泣きたい気持ちに【体験談】

夫の転勤で、娘が1歳3カ月のときに関西から、縁もゆかりもない関東へ引っ越すことになりました。毎日のように残業があった夫の帰宅時間は、娘の寝かしつけが終わったあと。必然的に、育児はワンオペで、私は孤育て状態に。

孤独なイメージ

 

幸い、引っ越し後にすぐに私の仕事が見つかったものの、慣れない育児、誰も知り合いがいない環境、新しい仕事……。私は孤独な気持ちに押しつぶされそうになっていました。

 

現在妊娠・出産・子育てをする多くのママたちが直面している「孤育て(孤独な子育て)」。ベビーカレンダーでは、新型コロナウイルス流行により人と関わることができず、各家庭だけで子どもと向き合う子育てを強いられ、閉塞感や孤独感を抱えながら子育てをしている、今の子育ての実態を特集でご紹介します。

 

 

続きを読む

このままだと、私の心が先につぶれてしまう

娘をこども園にお迎えに行って、食事やお風呂を済ませて寝かしつけるまで、毎日すべて私ひとりでおこなっていました。私が目を離すと、娘はすぐに泣き出してしまうため、チラチラと娘の様子を見ながら急いで晩ご飯を作り、とにかくまずは娘に食べさせる。先に娘をお風呂に入れて歯を磨き、絵本を読み聞かせます。寝かしつけが終わった後に待っているのは、山積みの家事……。一瞬も心が休まらず、常に時間に追われ、どんどん私の心が疲弊していくのがわかりました。

 

転職後、ドキドキの昼休み

新しい会社で働き始めて1週間ほど過ぎた日の昼休みのこと。昼食をとるために部屋を移動すると、そこには初めて会う女性がいました。ドキドキしながら話かけてみると、大学生になるお子様がいると教えてくださり、「子どもが小さいときにたくさん助けてもらったから、今度は私が頑張って働いているママのことを応援したいと思っている」と言われました。その言葉に私は、「ひとりじゃなかったんだ」と、ただただ泣きたい気持ちになったのです。

 

 

先輩ママのアドバイスは超有益だった!

さっそく、忙しすぎて毎日の食事の用意に困っていた私は、「何か簡単なレシピを知りませんか」と聞いてみました。すると、「レシピというわけではないのだけれど、圧力鍋調理が絶対おすすめ。時短にもなるし、素材の味が活かて美味しくできるよ」とアドバイスが。圧力鍋は、結婚祝いにもらったものの、ほとんど使っていませんでした。そこで、この言葉をきっかけに圧力鍋で煮物を作ってみたところ、圧力がかかると火を止められることに気が付きました。火を止めている間は鍋から離れることができるので、その間にほかの家事ができるように。

 

 

大人と話をするだけで、家事や育児のヒントが得られるだけでなく、こんなにも気分が晴れやかになるんだと気がついた私は、自分から積極的に会社の人に話しかけるようになりました。誰かと話をすることで、ひとりで悩んでいたことが、どんどん解決していったからです。待っていても何も変わらない、とにかく自分から動けばいいんだと思った体験でした。


著者:西垣かおり

7歳女児のママ。元転勤族の妻で、子どもは1人だが、3度の保活経験あり。縁もゆかりもない街で戸惑いながらも、初めての子育てを楽しんだエピソード中心に執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      いや、圧力鍋持ってるのに使ってないんかい
      +4 -11

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    特集の新着記事

  • PICKUP