児童館へ通うも、なぜわたしにはママ友ができないの?孤育て故にママ友が欲しいのに…【体験談】

これは第1子である長男が生まれたばかりのころの話です。夫の通勤の便を優先した土地に引っ越し、わたしは親戚も友達もいない環境で子育てをしていくことになりました。ひとりだと心細いという思いからママ友を作ろうと頑張っていたのですが、なかなかうまくいきませんでした……。

孤育てに悩むママのイメージ

 

続きを読む

孤育て故にママ友が欲しかった

夫は仕事で忙しく、わたしは平日のみならず休日までワンオペ育児状態でした。知り合いが誰もいない土地で、誰にも頼れないまま、慣れない育児をしていたわたしは、ママ友が欲しいなと思うようになりました。ママ友がいたら育児の悩みを相談したり、一緒に子どもを遊ばせたりできる! そんな風になったらきっと楽しいだろうなと思い始めたのです。そこでわたしは長男を連れて積極的に児童館に遊びに行くようになりました。

 

子育てサークルに入るべき?

長男が生後6カ月を過ぎた頃から、わたしは週の半分ぐらい、近所の児童館へ遊びに行くようになりました。ある程度通っていると顔見知りのママもできました。しかし、人見知りな性格もあってか、親しいママ友はなかなかできませんでした。

 

そんなとき、児童館で新しく作られる子育てサークルの会員募集が始まりました。「このサークルに入ればわたしにも仲良しのママ友ができるかも!」と子育てサークルへの参加に興味津々なわたし。ただその反面、なぜか心の奥がモヤッとしたのです。

 

心のモヤッの正体は…

その「心のモヤッ」の正体は、「なんだかちょっと面倒くさいな」というわたしの本音でした。これまで何度も児童館へ足を運んだものの、顔見知りになったママはいても、親しいママ友は作れていないわたし。わたしは性格上、「何を話そう?」と気疲れしたり、「変なこと言わないように」と遠慮したりしてしまいます。「同い年の子どもを持つママ」という共通点しか知らないため、踏み込んだ会話がしづらいというのもあります。そしてどこかで、ママ友作りが面倒になって疲れてきた自分がいました。頑張っても疲れてしまうだけだし、親しい関係が築けないなら、ひとりでいいかな? と、心の奥で思ったのです。

 

 

その考えに至ってからは、無理にママ友を作ろうと思わなくなりました。考え方を少し変えただけですが、それからは、長男と一緒に過ごせたらそれで十分! 子どもと遊ぶだけでも楽しい!そんな風に思えるように。そして、そのころからわたしの気持ちがパァっと明るくなったような気がします。今ではなぜあんなにもママ友が欲しかったのか自分でもよくわかりません。「ひとりも気楽でいいよ!」と当時の自分に教えてあげたいです。

 


著者:小山田ちよえ

2男1女の母、アラフォー主婦。夫の仕事が忙しく平日はワンオペ育児に奮闘中。チョコレートとパンが大好き。復職に向けて資格取得を目指している。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママネタの新着記事

  • PICKUP