「金貸して」いや先日貸したばかりでしょ!?夫の親族からの再三の要求に…

私はブラジル人と結婚しており、現在ブラジル在住です。「国際結婚って大変でしょ?」と日本に住む人からときどき言われますが、結婚における問題は個人間の問題であり、相手が外国籍だから大変ということはないと思っています。ですが、文化や風習の違いによる国際結婚ならではの問題は存在します。ブラジルで暮らす私が、ブラジルの「助け合い文化」に悩んだお話です。

 

続きを読む

助け合いは一種の義務?

ブラジルは超格差社会です。貧しい人、そうではない人の違いがとても激しく、上流階級は自分たちの利権を守るため、中流階級は生活を維持していくため、下流階級は日々生き抜くために助け合いが必要不可欠となっています。

 

もちろん日本にも親族・家族間の助け合いはあります。ですがブラジルの場合、金銭面と仕事の斡旋が助け合いの中心となっているところが日本とは違うところかと思います。

 

そんな社会なので助け合いは非常に大切です。日本人の私から見れば、ブラジルの助け合いは一種の義務。助けない=嫌な人・冷たい人となり、人間関係が非常に悪くなるのです。

 

夫の親族のろくでもない人間

助け合いが義務のブラジルですが、幸いなことに夫の親族たちは生活基盤がしっかりしており、お金の無心や仕事の斡旋を頼んできたりといったことはありません。

 

……1人を除いては。

 

というのも、夫のいとこにあたるこの男性は親族の中で唯一の問題児。ラクにお金を稼ぐことができる違法なことばかりに手を染め、警察に捕まり刑務所に出入りを繰り返しています。彼の家族は決して貧しい家庭ではありません。普通に生きるのに十二分な稼ぎがあるのにも関わらず、とにかくお金に執着しており、違法行為をおこなっているのです。

 

夫と相談…自分たちの生活を優先することに

ある日、その親族男性から電話がきました。刑務所から出たばかりの彼は、生活を立て直すためにお金が必要だと言うのです。実はこの前にも車を買うためのお金を貸したばかり。車がないと仕事ができないということでお金を貸しましたが、結局そのお金も1レアルも返ってきていません。

 

夫にどうすればいいか相談したところ、もうこの親族男性と縁切りしようという話になりました。夫もこの親族男性に仕事を斡旋したりお金を貸したりしていたものの、あまりに何回も続くので嫌気がさしていたそうです。「親族から助けないことをなじられるかもしれないけれど、親族男性のキリのない欲求に応えていたら自分達の生活が破綻しまう」と、夫と相談の上、縁切りを決断したのです。

 

 

親族男性と縁切りしてしばらく親族関係はゴタゴタしましたが、今は快適に過ごせるようになりました。日本でも家族・親族付き合いは大変なことも多いかと思います。赤の他人とは違うだけに縁を切るのもつらいときもあります。ですが自分達の生活を守るためにも、時にはきっぱり縁を切るべきこともあると学んだ出来事でした。

 

著者/レイトン愛加
イラスト/マメ美

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP