「持ってきて…ない!」なぜこのタイミングで!海外旅行で散々な目に…

数年前のことです。スイスへ初めての海外旅行が決まり、どこへ行こうか? 何を食べようか?と、とにかく楽しみにしていた私。しかし、スイスに着いたらまさかの生理が……!

※コロナ禍前の体験談です

続きを読む

「持ってきて…ない!」なぜこのタイミングで!海外旅行で散々な目に…

 

「持ってきて…ない!」なぜこのタイミングで!海外旅行で散々な目に…

 

楽しみにしていた海外旅行

数年前、仕事の都合で、家族でスイスに3年ほど住むことになった兄から、「よかったら遊びにおいでよ」と言われました。私はそれまで海外旅行に一度も行ったことがなく、ヨーロッパへ旅行できることをとても楽しみにしていました。

 

そして旅行当日、長い飛行機の旅を経ていざスイスへ! 初めてのスイスは景色もよくとても感動。しかし兄の家に着き、荷解きをしていたときのことです。「あれ? もしかして……」と嫌な予感がし、トイレへ行くとなんと生理がきていました。

 

生理用品がない!!

私は当時、生理周期がまばらで次にいつ生理がくるのかを把握できずにいました。そのため、旅行の荷物の中に生理用品を入れておらず、大ピンチ! 何とかしなくてはと思い、お義姉さんに相談するとナプキンを何枚かいただけることになったので、とりあえずはひと安心しました。

 

しかし、びっくりしたのは海外のナプキンの大きさ。日本のナプキンに比べ厚みも長さも大きく、実際装着してみると、とても違和感を覚えたのが印象に残っています。

 

せっかくの海外旅行が…

そして次の日の朝、私は生理痛で目覚めました。鎮痛剤も持ってきていなかったため、兄に相談して市販の鎮痛剤をもらうことに。しばらくして生理痛はやや良くなってはきたものの、体がだるい感じは残っていました。

 

この日は登山をしたのですが、頂上に着くころやたらと眠くなり、私だけ休憩所で寝て過ごすことになりました。その後も体は本調子ではなかったうえに、海外の見知らぬ土地でトイレを探すのもひと苦労。さらに食欲もあまり湧かず、せっかくのスイス旅行を全力で楽しめず、ほろ苦い思い出になってしまいました。

 

 

私は現在、PMS(月経前症候群)による体調不良を改善させるため低用量ピルを服用しており、生理周期をある程度把握できています。

 

この経験以降は、もし旅行で生理が重なりそうだなと思ったときには低用量ピルで生理周期を調整し、念のため生理用品は持っていくように心がけるようになったものの、もしあのときに低用量ピルの存在を知っていたらなぁ〜とたまに思い返すことがあります。

 

著者/竹の内 由紀
作画/まっふ
監修/助産師 REIKO

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      生理周期が安定してないなら、なおさら持っていくべきだし、もらったナプキンに文句言うなよと思いました。
      +66 -4

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP