「え、選べるの!?」帝王切開か自然分娩か。初めての双子出産で想定外の選択を迫られ…

双子の妊娠がわかってから私が心配していたことの1つが、出産方法でした。担当医から「手術になりますよ」と聞いて、どこかしら安心していた私。そんななか、担当医師から状況を一転する説明を受け、それにより葛藤することに……!? そして双子の出産を通して改めて私が感じたことをご紹介します。

双子出産のイメージ

 

続きを読む

双子出産の不安

双子の妊娠がわかって私が一番不安に感じていたのが出産。第1子を自然分娩で産み、陣痛や出産の痛みやお産の過程は経験していました。それが双子となると、帝王切開でも自然分娩でも、どうなっていくのか未知です。

 

そこで里帰り後に通う病院へ電話した際に出産の方法を聞いてみると、先生から「帝王切開になりますね」という答えが。手術に対する不安はあるものの、「あの苦しい陣痛と出産を経験しなくていいんだ!」と私は安堵したのでした。

 

予想外の医師からの提案

しかし計画入院のための入院手続き中、担当医から「双子は健康で、安全な位置にいるし逆子でもないので、経腟分娩でも大丈夫ですよ」と予想外の説明が。自然分娩の場合は出産日を決め、陣痛促進剤で陣痛を誘発させるとのこと。

 

また、双子の1人目が生まれたあと2人目がすぐ生まれる保証はなく、陣痛促進剤が効かず2人目が当日に生まれないようであれば、手術に切り替えるというのです。これまでずっと手術だとばかり思っていた私は、想定外の説明に頭の中が真っ白になったのでした。

 

手術が自然分娩か!?

自然分娩の過程を聞き、陣痛と出産の痛みを2回続けて経験しなくてはいけないのかと、大きな恐怖心が襲ってきました。それと同時に、大きな問題もなく双子が順調に大きくなっているだけでもありがたいのに、自然分娩が可能な状態で陣痛が怖いからと帝王切開を選んでいいのかという気持ちに。

 

しかし、手術に切り替える可能性もあるため、この病院で双子を出産する妊婦さんのほとんどは手術を選んでいるという話を聞き、私は手術を決心しました。

 

 

どこか「手術のほうがラク」と考えていた私は、想像を絶する術後の傷の痛みを経験し「自然分娩も帝王切開もどっちも痛い!」という結論に至りました。また、自然分娩であれ手術であれ、赤ちゃんを産むお母さんは痛い思いや、大変な思いをしていることには変わりないことに気づきました。そして、私は術後の痛みを通して手術を選んだ自分に自信を持とうという気持ちになったのでした。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:山口まなみ

3歳の娘と双子の男の子の母。韓国人の夫と家族5人で韓国に在住。海外での子育てやバイリンガル教育に奮闘する自身の体験談を執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP