「扶養に入れるのは嫌だ」えっ!?結婚したばかりの彼の言葉にショック!

独身時代は正社員で働いていた私ですが、体調を崩し退職してからはアルバイトに切り替えました。そのため、結婚したら夫の扶養に入れてもらい、パートをしながら家のことをしようと考えていたのです。しかしいざ結婚してみると、夫に反対されてしまい……。

「扶養に入れるのはプレッシャーだから嫌だ」えっ!?夫のひと言にショック!

 

続きを読む

最初は夫の扶養に入れてもらう予定だった

夫と私は、出会ってから結婚するまでが半年程度のスピード結婚。そのため、結婚後の生活について話し合う時間がほとんどありませんでした。

 

結婚前に、「結婚後は扶養に入れてもらえるのかな」と夫に聞いたところ、「そうだね」と軽い返答がありました。ふわっとした感じでしたが、一応肯定的な返答があったので、私は「扶養に入れてもらえるもの」と思い込んでいたのです。

 

しかし結婚後、夫は…

その後、結婚して数日が経過しても、夫は扶養の手続きをする気配がありません。私は「どうしたんだろう」と思い、夫に「そろそろ扶養に入る手続きをしてくれないかな」と伝えました。

 

すると、夫は会社から扶養手続きの書類をもらってきてくれましたが、「扶養に入れるのはプレッシャーを感じる」「同僚の妻たちはみんな正社員で働いている、妻を扶養に入れている人はいない」と、私を扶養に入れたくないと言い始め、不機嫌になってしまったのです。

 

扶養に入れてもらうのは断念し…

「結婚前は、そうだねと言ってくれたのに……」と、私は不機嫌になった夫の対応にショックを受けたものの、落ち込んでも仕方がないと思い、結局、扶養に入れてもらうことをあきらめました。

 

以前は不安定だった体調が回復してきたこともあって、私はフルタイムのパートで働くことに。職場に伝えてシフトを増やしてもらい、自分で職場の健康保険に加入しました。

 

私たち夫婦は出会ってから半年で結婚したため、お互いの仕事に対する考え方を理解し合えていないままでした。「働けなくなっても扶養に入れてもらえるというのも、結婚のメリットのひとつ」と考えていたのでショックは大きかったものの、出会ってから結婚するまでの期間が短く、しっかりと2人で話し合いができていなかったから、と割り切ることにしたのです。

 

とはいえ、「扶養に入れるのはプレッシャー」と夫に言われた衝撃は大きく、当初、パートで働きながら家事をする計画も崩れてしまいました。結婚したら仕事や生活をどうするか、夫ときちんと話し合っていればよかった、と少し後悔しています。

 

現在は2人ともフルタイムで仕事をしながら、家事を協力し合って夫婦生活を送っています。

 

著者/大野裕子
作画/おんたま

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP