「え!?」お金の相談をしたところ絶句されてしまった!私の相談とは… #社会復帰どーすんの? 22

「社会復帰どーすんの?」第22話。美容部員で活躍していた芸子。2人の女の子を出産し、育休を取得したものの、保育園に全落ちして仕事を退職することに。そして育児中のママたちが満足するスキンケアを作ることを決意し、会社を設立しました。前回、ようやく商品が完成したけれど、匂いに変化が生じることが発覚し、改良を決意します。今回は販売価格を決めるために信用金庫へ。

しかし、芸子の相談を聞いて絶句してしまう信用金庫の店長と担当のTさん……。芸子の相談とはいったい……!?

 

続きを読む

意気揚々と私の案を伝えたが…!?

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

社会復帰どーすんの?22

 

改良がうまくいってホッとした私。ますます商品に愛着が沸いた。

 

そして今度は販売価格などお金のことを決めなくちゃ。

 

いざ、信用金庫へ!

 

いろいろ話し合って、私の意向にも信用金庫の方たちも理解を示してくれて、お金のことも順調にいきそうだと思った。

 

けれど、「無料ミニボトル」のアイデアを伝えたら、2人ともとてもびっくりした表情で固まってしまった。

 

それはミニボトルを使って肌に合わなかった場合、本体が未開封であれば全額返品するというもの。

 

え!?

 

え!?

 

なにかまずかった!?

 

 

芸子の太っ腹なアイデアに、信用金庫の方たちは心配と不安と驚きで言葉を失ってしまいました。しかし、次回、芸子の説明に信用金庫の方たちが心を動かされ……!?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター芸子

    2017年、2019年生まれの姉妹ママ、芸子さん。Instagramでほっこり可愛い育児エピソードやあるあるネタを更新中!

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP