「布団で寝て!」何度言っても直らない、だらしない夫と10年。たどり着いたのは…

夫と結婚して10年。私にはこの10年間、夫に口を酸っぱくして言い続けていることがあります。それは「テレビと電気を消して、布団で寝て」ということです。お酒を飲みながら、テレビを見ながらソファーで寝てしまうことが多い夫に、私は10年間この言葉を言い続けてきたのです。

「布団で寝て!」何度言っても直らない。だらしない夫と過ごして10年。たどり着いたのは…

 

続きを読む

最初は「仕方ない」と思っていたけれど

結婚当初は、テレビと電気をつけたままソファーで寝ていても「仕方ないなぁ」と思っていました。当時は仕事が忙しく、毎日深夜に帰宅していた夫。そのままソファーに倒れ込むように寝てしまうときが多かったのです。

 

「風邪をひいちゃうから布団で寝よう!」「そんなんじゃ体の疲れが取れないよ!」と、夫の体の心配をしていたのもこの結婚当初まででした。今思えば、かわいかったあのころ、という感じです。

 

徐々に「いい加減にしてよ」と思うように

結婚して5年目のころ。「テレビを消して!」「布団で寝て!」と言い続けているのに、毎晩のようにお酒を飲みながらソファーで寝てしまう夫に、私は徐々に苛立ち始めました。

 

当時はマンションに住んでいて、ソファーのあるリビングと寝室は隣同士。寝ようと思えばすぐに布団に入れる位置にベッドがあるのに、なぜ夫はこんなにもソファーで寝るのか……。そして、私が「布団で寝て」と言っても一向に直す気配のない夫に苛立ち、たびたび喧嘩をするようになりました。

 

結婚10年でたどり着いた境地

何度言っても直らないので、なぜ夫はソファーで寝るのかを考えることにしました。そして、夫は布団で寝ることより、テレビを見てお酒を飲みたい、そして私のなかでは、本能のまま寝たい、という欲求のほうが勝っているのだという結論に至りました。

 

そして段々と「言っても直らないな」「怒るだけエネルギーを使ってしまう」と思うようになりました。そして、そう考えるようになって私のなかで気持ちがスッキリしたのです。

 

 

現在結婚11年目ですが、いまだに夫はテレビと電気をつけたまま、飲みかけのお酒を放置してソファーで寝ています。夜中にリビングから聞こえる夫のいびきに気づいた私が、テレビと電気を消す日々です。

 

結婚して10年、これだけはまったく変わりません。結婚10年で“諦めの境地”にたどり着きました。夫婦としてこれからも一緒に過ごしていくなか、適度な“諦め”も大事だと気付かされた体験でした。

 

著者/小山田ちよえ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      我が家はソファを撤去致しました。

      そしたら今度は夫が
      子供たちのソファになりました。笑

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP