「結婚してください。はい、は?」ええっ、返事は半ば強制のプロポーズ!?

共通の趣味を通じて彼と出会った私。先に好きになったのは私のほうでした。知り合ってすぐ、お互いのことをあまり知らないまま交際をスタート。初デートの帰り道、彼の口から出たのはプロポーズともとれる発言でした。先に好きになったのは私でしたが、時期尚早な発言に私はドン引き。うれしいはずなのに、不安と心配に襲われてしまいました。

 

続きを読む

あまりお互いを深く知らないまま交際開始

彼と出会ったのは、友人が誘ってくれたスノーボード旅行。友人の彼氏の後輩として参加したのが彼でした。人見知りな彼は、初対面の私にはとってもクールな対応。そんなクールな様子にゲレンデマジックも加わり、ひときわ格好よく見えた彼に私は一目惚れしてしまいました。

 

彼がフリーと知った私は友人の協力を得て、猛アタック開始! 知り合って1週間足らずで想いは実り、交際へと発展しました。

 

初デートでまさかのプロポーズ!?

交際を始めて最初の週末、初デートに行きました。楽しく過ごした帰り道、別れ際に彼から思いもよらない言葉が飛び出したのです。

 

「俺、なんとなくだけど君と結婚する気がする」あまりにも早いタイミングでのプロポーズともとれる発言。うれしいはずの言葉に、私はなぜか不安に襲われてしまいました。

 

たしかに当時の彼と私は20代後半、結婚してもおかしくない年齢でした。だからこそ私は「こんなこと簡単に言う人で大丈夫だろうか?」「歴代の彼女みんなに言ってるんじゃないの?」と心配になってしまったのです。

 

その場は「そうなるといいね!」なんて当たり障りのない言葉で返事しました。そして、ここから私の彼への鑑定が始まったのです。

 

幾度となく結婚の話を持ち出すのが心配…

その後も交際は順調でした。互いの事をあまり深く知らないまま、勢いで始まった交際でしたが、趣味の話や考え方など彼とは共通点が多くありました。

 

また、彼はまったく気取らないタイプだったため、私もありのままで接することができました。そしていつしか一緒にいると心地良いと感じるようになっていました。

 

ただ、やっぱり心配なのは、彼が幾度となく結婚の話を持ち出してくることです。新居の場所の話、結婚式の形式などの話から、婚約者として家族旅行への招待……。しっかり明確に「結婚しよう」と言われたわけでもないし、私は返事もしていないし、親への挨拶もしていません。

 

ですが、あまりにも言われ続けるので「私、この人と結婚するんだろうなぁ」といつしか私も思うようになっていました。

 

結婚を決意

交際開始から1年ほど経ったころ、彼はついに「ねえ、結婚の話、親御さんなんて言ってる?」と切り出してきました。

 

私はさすがに「プロポーズもしてもらってないのに、親には言えない」と返すと、彼は「え、今さらいるの? それなら、僕と結婚してください。『はい』は?」とあっさりとしたプロポーズ。しかも、私の返事は半強制。彼らしい突然のプロポーズに、私は笑いながらも感動でウルッとして「はい! もちろん」と答えました。

 

 

普段から気取ったことを一切しない彼ですが、初デートのプロポーズ的発言といい、本番のプロポーズといい、彼はとことん気取らない人でした。プロポーズぐらい思い出に残るシチュエーションがとかったなと思う反面、彼らしいエピソードとして今でも忘れることはありません。

 

そんな気取らない彼と結婚して、夫婦円満の秘訣は互いに気取らないことが大切だなと感じています。

 

著者/まさの

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP