夫は「世界で一番大好きな…他人」。夫婦喧嘩を繰り返して感じたのは…

私たち夫婦は、円満な結婚生活を送るために、日々心がけていることがあります。それは、結婚生活に慣れてきたころに、喧嘩を繰り返すようになったことがきっかけでした。「同じような喧嘩で無駄な労力を使いたくない」と思った私は、それまでの喧嘩の原因を振り返り、いくつかの心がけを夫婦で共有することにしたのです。

夫は、世界で一番大好きな「他人」。私がそう考えるのにはある理由があって…

 

続きを読む

感謝の気持ちはきちんと伝える

まず、お互いに「ありがとう」は必ず口に出して言うということです。いくら心の中で思っていても、口に出さなければ相手には伝わりません。「ありがとう」以外にも「助かるよ」「うれしかったよ」など前向きな言葉は、なるべく言葉にして伝え合うようにしています。

 

結婚当初は、お互いに”察してほしい”という気持ちがあったからか、夫婦の間で感謝の言葉が足りず、つい「なんで自分ばかり?」と思ってしまい、すぐにイライラしてしまいました。それを、些細なことにも感謝するようになってからは、平凡な毎日がとても幸せなことだと気付けたのです。

 

言い方には気をつける

過去には、私の言い方がきつくて喧嘩に発展することもありました。自分に余裕がないときや、相手の欠点が目についたときは、つい言いすぎてしまうこともしばしば。

 

そういうときは、喧嘩の内容が「相手に直してほしいところ」から「今の言い方はひどい」と、発言に対してに変わってしまい、何の解決にもなりませんでした。それからは、カッとなっても相手に何かを指摘するときにも、ひと呼吸おいて話しかけるように心がけています。

 

同じ内容でも、言い方ひとつで相手に与える印象は大きく異なるということを感じたのです。

 

「夫婦と他人は紙一重」と思う

これは私だけですが、夫のことは「世界で一番大好きで大切な他人」だと思っています。

 

一見冷たいと感じられるかもしれませんが、「他人だからこそ円満でいる努力をしなければならない」と思っているのです。実家の家族とは違い、お互いが相手を労わり、大切にする努力を怠ると簡単に縁が切れてしまうと感じています。

 

また、自分の考えや価値観を押し付けないためにも、夫婦である前にひとりの人間として夫を尊重したいと考えているのです。

 

 

そんな夫と先日、5回目の結婚記念日を迎えました。子どもにも恵まれ、穏やかですが幸せな毎日を送れていることに感謝しています。つい、「家族なんだから」と甘えてしまいそうになることもありますが、そのときはこれらの心がけを思い出すようにしています。これからも、コミュニケーションと思いやりを大切にしながら、家族みんなで楽しく過ごしていきたいです。

 

著者/西山百々

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP