「これだけは譲れない!」結婚相手の絶対条件。30歳を迎えると…?

地元を離れたくない私は、結婚相手の第一条件に同じ市内在住の人を挙げていました。でも、30歳のときに付き合い始め、のちに夫となった人は転勤族。そんな彼とどうして結婚に至ったのか、心境の変化をお話しします。

 

続きを読む

絶対に譲れない結婚相手の条件とは

28歳のとき、とある会社に派遣社員で入社し、のちに契約社員として採用された私。仕事は忙しいけれど、やりがいのある充実した日々を送っていました。「そろそろ結婚を考える歳だよな……」とは思いつつも、彼氏はいません。というのも、当時の私には絶対譲れない結婚相手の条件がいくつかあって、その条件に合う人となかなか出会えなかったのです!

 

私が「これだけは譲れない!」と思っていた条件は、

 

・「地元県内、できれば同じ市内の人」。ずっと実家暮らしなので家族と離れたくなかったから。
・「身長が175センチ以上ある人」。背の高い人が好きで、それだけでカッコよく見えます。
・「手がスラっと細くて長い人」。私が小柄で手も小さいので、逆に大きな手フェチ。
・「普通車に乗っている人」。田舎なので車がないと生活できません。

 

特に重要だったのは最初に挙げた「地元に住んでいる人」。他の条件も合わせるとハードルは高く、ピタリと当てはまる人はそうそういませんでした。

 

何ひとつ条件に当てはまらない彼への恋心

30歳のとき、同じ会社の人とお付き合いすることになりました。彼のことは3年前から知ってはいましたが、部署が違うため親しい仲でもなく、電話でのやりとりや、たまに社内で会うくらいの、いわゆる顔見知り。だから特別な感情などなかったですし、むしろ私の条件には何ひとつあてはまらない、真逆の人だったのです!

 

まず、第一条件に挙げていた地元の人ではなく、彼はバリバリの転勤族。身長は170センチで私の条件より低いし、スラっとどころかゴツゴツした手で、顔もまったくタイプではありません。私より9歳年上なのも、私としては「ナシ」の理由でした。ただ、真面目で口調がやさしく、ときどきケーキ屋さんのお菓子をくれたりして、同僚としての印象はとてもよかったです。

 

そんな距離の関係が3年ほど続いたころ、彼が転勤になるという話を耳にします。これを聞いて真っ先に私が思ったことは、なぜか「彼がいなくなったら寂しい……」でした。それから彼が転勤するまでの間、会社の知人を交えた3人で食事に行く機会が多くなり、そのうち2人きりでも食事をするように。彼と一緒の時間が増えるにつれ、自分の感情がただ寂しいだけなのか、好きになり始めているからなのか、わからなくなってきました。

 

自分なりにいろいろ考えているとき、彼から告白を受けました。食事をしたあと、夜景を見に行った車内で「結婚を前提に付き合ってください」と言われたのです。それまでゴチャゴチャ考え込んでいた私でしたが、「迷うくらいなら付き合ってみよう!」と彼の告白を素直に受け入れ、交際をスタート。ほどなく彼が転勤で離れていったため、遠距離恋愛でのお付き合いが始まりました。

 

転勤族の彼を選んだ最大の理由は「やさしさ」

1年の遠距離恋愛を続けたのち、私たちは結婚しました。結婚の第一条件にするほど地元の人にこだわっていた私が、その条件にこだわらなくなり、転勤族の彼との結婚を決断できたのは、「彼ならついて行ってもいい」と思えたから。付き合っていくうちに、彼は人の気持ちがわかる心のやさしい人だとわかり、「この人なら、きっと何年経っても私を大切にしてくれて、ずっと穏やかな生活が送れる」と思ったからです。

 

例えば遠距離恋愛中のとき。遊びに行く場所を毎回考えてくれたり、記念日にはいつもケーキを買ってきてくれたり。彼が9つ年上ということもあって、私が会いに行くときは交通費を出してくれることもありました。

 

実はこのころ、仕事で精神的にダメージを受け、心療内科に通っていたのですが、それを知ったうえで心の支えになってくれたことも大きかったです。心配させたくなくて家族には言えなかったのに、なぜか彼には自然と話せました。

 

それと、彼は私の家族にもやさしく、私の両親に気に入られていたというのもあります。私だけでなく私の家族や他の人も大切にしていたので、余計に「この人にならついて行ってもいい」と思えたのかもしれません。ほかに、考え方が自分と似ていたこと、上司からの評判がよく、会社の人たちに好かれていたところも後押しになりました。

 

結婚生活は地元を遠く離れた県外。地元が大好きで家族と離れたくなかった私は、最初はかなりホームシックになりましたが、今ではマイホームを建てて、彼と楽しく過ごすことができています。

 

 

かつて、顔も身長もタイプだった地元の男性とお付き合いしていたことがありました。すごく好きで、付き合っているときはとても楽しかったのですが、いざ結婚となると、その人との未来が想像できなかった、という経験があります。

 

理想の人と結婚相手は必ずしもイコールではないんだなと、しみじみ感じています。長く続いていく結婚生活。ただ「好き」だけではうまくいきません。彼のように、真面目に仕事をして、自分にも周りの人にも親切にできるような人となら、幸せな結婚生活を送ることができるのだなと感じました。彼と結婚してよかった、と心から思っています。

 

文/ちーちゃんさん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP