「目先のことだけ考えてた…」時間がたくさんあった妊娠中に練習しておけばよかったこと

私は妊娠6カ月で退職したため、出産までたくさん時間がありました。妊娠中は子どもが生まれてからのことよりも、頭の中は「無事に出産できるかな」ということばかり。子どもが生まれてうまく時間が取れなくなり、「やっておけばよかった」という後悔をしたことがあります。今回は、私が何を後悔したのかについてお話しします。

頭の中は目先のことばかり

私もおなかの赤ちゃんも何も問題はなかったですが、妊娠6カ月で退職することにしました。初めての出産で、不安だったのです。退職後は、赤ちゃんの服やおむつなどの準備をしたり、ネットで出産の体験談を読んだりして過ごしていました。

 

家でゆっくり家事をし、おなかが張るといつでも横になれることはとても快適。このときは、赤ちゃんに会える楽しみと、出産の痛みについてばかり考えていました。生まれた後のことは「どうにかなるだろう」と、あまり考えていませんでした。

 

無事に出産し、育児開始!

無事に出産し、喜んだのも束の間。初めての育児に戸惑い、心に余裕を持てなくなりました。慣れない育児に疲れて寝不足にもなり、自由な時間があれば寝ていました。家事は必要最低限のことしかできなくなり、料理はとても簡単なものしか作れません。

 

もともと料理が苦手な私は野菜を買って切る、ということ自体がおっくうになっていき、すでに切られている野菜を買うようになりました。野菜を切ることもしなくなり、時短料理ばかりに。そして、あっという間に子どもは離乳食が始まる生後5カ月になっていました。

 

やっておけばよかった

私が一番「やっておけばよかった」と思ったことは、離乳食を作る練習です。時間がたくさんあった妊娠中に、離乳食を作る練習をやっておけばよかったと思いました。それでも、離乳食中期まではなんとか作っていました。

 

しかし、3回食になると育児の合間でも、料理をすることになります。結局、苦手な料理をすることに限界を感じ、1日1食は市販の離乳食に頼るようになりました。子どもには、手作りの物をあげたかったです。料理することが苦手でも、「克服できる時間はたくさんあったのに」と後悔しました。

 

 

時間がたくさんあった妊娠中に、離乳食のことを考える時間もありました。目先のことばかりでなく、もう少し先のほうにも目を向ければよかったです。離乳食が終わって3年経ちますが、毎日の料理はやはり大変です。料理は相変わらず苦手ですが、「手抜きして時短した分は子どもとの時間にしよう」と、前向きに考えるようにしています。

 


著者:北川さくら

3歳の男の子、2歳の双子の女の子を子育て中のママ。保育士資格、幼稚園教諭免許を保有。自身の経験をもとに妊娠、出産、育児の体験談を執筆している。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶