「…私、子ども、嫌いやで?」仕事でも弱音を吐かない友人が、ぽつりと言ったひと言が気になって…

2020年2月生まれの男の子・たろうくんのママ・てんてこまいさんが備忘録としてゆる〜く描く、親バカ全開!?な育児絵日記。今回は、久しぶりに会った子育て真っ只中の友達の話です。

わかるよ、その気持ち。私がかけた言葉は、あれでよかったのかな…

「子どもを産んだからって、みんながみんな子ども好きとは限らない」

 

『子どもが苦手』という友人のA子さん。

一生懸命育児に奮闘して、日々悩んでいる様子です。

 

そんなA子さんを見たてんてこまいさんは、

「頑張り屋さんの君が大好きやで!!!」とエールを送ります。

 

あなたもきっとジーンとくるはず……。

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

わかるよ、その気持ち。

 

子どもを産んだからといって、子どもが苦手だった人が急に子ども好きになるわけではありません。

しかも、「子どもが苦手」って何だか言いにくいですよね……。

 

仕事の弱音は吐かないのに、子育てに関する弱音を吐いてしまうのは、きっと真剣に育児と向き合っているから。

親子で本気で喧嘩をしてしまうのだって、本気で子どもの相手をしているから。

 

 

SNSのコメント欄でも、

 

「私も手放しに子ども大好きと言えるほうではなく、向き合うほどに『かわいい』と一緒に『嫌』の気持ちがちらつくことにモヤモヤしていて。でも、こちらの投稿を見て少し気持ちがラクになりました」

 

「実は私もそんなに子どもは好きじゃないので、A子ちゃんの気持ちがわかります」

 

「A子さんだけではなく、たくさんの母が救われる投稿だと思う。みんないろんな気持ちと葛藤しながらも、それぞれの形でわが子と向き合ってると思うの。正解なんてない。みんなよく頑張ってる」

 

と、たくさんの方が励まされています。

 

 

保護者の皆さま、毎日育児に家事に本当にお疲れさまです……!

誰かにほめてもらうのを待つのではなく、真っ先に自分自身を褒めてあげましょう!


せーの、「私はいつも頑張ってる!!エライ!!」
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターてんてこまい

    2020年2月生まれの男の子(たろう)のママ。Instagramで育児奮闘記やズボラ母の生態について描いています。親バカすぎて夫に引かれることもしばしば。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶