「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

【15センチの関係~SEXから病まで】パートナーと「する」ときに痛い。「する」のがつらい。病気にかかってしまったら。避妊に失敗したときどうしたらいいの――。性に関わる不安や悩みは、なかなか周囲には打ち明けづらいですよね。大切なパートナーにならば、なおさらかもしれません。しかし、性の問題だからこそ、2人でしっかり向き合いたいもの。

物語の主人公である「柊レディースクリニック」の医師・柊 二三香(ふみか)が、クリニックに訪れる患者たちの心と体の診察をおこなうマンガ『15センチの関係~SEXから病まで』(監修/ひなた女性クリニック 院長 谷口久枝)をご紹介します。

 

「女性器の形」についてコンプレックスを抱いていた女性。「ちゃんとした、普通の形にしてほしい」と涙ながらの訴えに、二三香は……。

 

 

続きを読む

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

「きれいじゃない」ことに引け目を感じていた。女性は涙ながらに… #15センチの関係 #デリケートゾーン 3

 

女性が「形がひどい」と思っていたのは、「なんだか変な形だと思った」「成長するにつれて形が変わり、“きれい”ではない」という理由から。そんな女性に、二三香は成長の中で変化していくこと、個人差の大きなものだと説きます。

 

今回の女性の場合は「普通」の範囲のもので、手術の必要はないとのこと。もちろん、かゆみがひどかったり、痛みを感じたりする場合は、受診して医師に診てもらう必要がありますが、「形が変だから」と大きく不安に思う必要はないということですね。

 

「見られることで嫌われたくない」そんな不安が完全に消える……わけではないかもしれませんが、二三香の言葉に「気にしすぎなくてもいいんだ」と勇気づけられます。

 

『デリケートゾーン』#4に続きます!

 

記事監修/助産師REIKO

 

 


 

『15センチの関係~SEXから病まで』は、各電子書籍配信サイトにて配信中!

 

©福田素子/forcs

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター福田素子

    大分県在住。夫婦二人でマンガ作っています。 女性誌を中心に30数年以上。代表作は「橘屋繁盛記」「コドモのお医者」「きりんが丘のココロ屋」など。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP