「えっ、付き合ってないけど?」11歳年下の外国人男性が突然プロポーズ!?

私の夫は11歳年下のウズベキスタン人。職場関係で知り合って初対面で好意を持たれたのですが、当時の私は、手痛い別れをしたばかりで絶賛男性不信中! 当然、お付き合いを断ったのですが、彼のストレートな愛情表現に私の気持ちは揺らいでいき……。

「えっ…?」11歳年下のウズベキスタン人から突然プロポーズされて結婚した話

 

続きを読む

過ぎ去った20代は忘れて海外へ行こう!

かつて私には、約11年も事実婚状態だった19歳年上の男性がいました。20代のほぼすべてを彼に費やしましたが結婚には至らず、彼にモラハラされていたことに気づいて別れたときには31歳。別れの悲しみはないものの、周囲の友人がみんな結婚したり2人目の子が生まれたりするなか、私は20代の貴重な時間をムダにした虚無感でいっぱいになり、人生にも行き詰まりを感じていました。

 

そんな私を慰めてくれたのは、当時、私が店長に就いていた職場でアルバイトをしていた外国人留学生たち。なんと9割のスタッフが、ネパール、ベトナム、バングラデシュ、中国、ウズベキスタン出身と実に多国籍。その誰もが私を心から励まし、失恋から立ち直らせてくれたのです! しかも、みんな昼は学校、夜はアルバイトと、寝る間も惜しむ生活をしているのにとってもポジティブ! その姿に触発されて、私もひとり海外へと飛び立つ決意をしたのです!

 

とはいえ、語学力のない私。そこで、海外で生計を立てるために日本語教師の資格を取ろうと、学校に通い出しました。でも、仕事をしながらの通学は想像以上に大変で……。悩んだ末、シフトが不規則で薄給だった職場からの転職を決断。私が辞めることが留学生たちに伝わると、多くの子が私に会いにきてくれて、そのなかに今の夫もいたのです。

 

ウズベキスタン出身、11歳年下の彼

彼は、従業員だったウズベキスタン人の友人。彼もウズベキスタン出身でした。付き添いで来ていて、ファーストコンタクトは軽く挨拶した程度。後日、ウズベキスタン人の元従業員から転職祝いの食事に誘われたのですが、あいにくその日は私も女友だちとの先約があって……。結局、元従業員と彼、私と友人の4人で食事をすることになったのです。

 

そこから4人で遊ぶことが増えました。ボーリングに行ったり、自宅でごはんを作って食べたり。回を重ねるごとに4人で遊ぶことが楽しくなっていって……。そんなとき、私が大型家具をお店で買って持ち帰るのを彼が手伝ってくれることになり、初めて彼と2人きりになりました。そこで彼から初めてのアプローチを受けたのです!

 

彼曰く、初対面で挨拶をした瞬間から、私に好意を抱いたのだとか。だけど、私は彼より11歳も年上ですし、私は海外へ行く準備をしている真っ最中。気持ちはうれしいものの、丁重にお断りしました。ムダにした20代を思い返すと、「人生を取り戻したい!」「もう恋愛はいい。自分だけを信じて生きていくんだ!」という思いがありました。それに、何より当時の私は、元カレのせいで男性というものをまったく信じられなくなっていたのです。

 

真摯で誠実な彼に心を動かされ…

それでも彼のアプローチは止みません。シャイな人なので、派手な行動や大胆なアプローチはありませんが、私の好きなものを買ってきてくれたり、買い出しに行くときは荷物を運んでくれたり。そこに下心は感じませんでした。

 

ある日、おめかししてピンクの大きな花束を抱えた彼が突然訪ねてきました。そしていきなり「結婚してほしい」とプロポーズ! 私は「えっ? まだ付き合ってもいないけど??」と戸惑いました。

 

正直、彼のプロポーズはうれしく思いました。でも、私の男性不信は根深くて……。彼を信じるのが怖くて素直になれず、「どうせこの人も、そのうち私を捨てるのだから深入りはしないでおこう」と、ずっと斜に構えて接していたのです。

 

だけど、彼はいつも真摯で誠実に、まっすぐな態度で私と向き合ってくれました。過去のつらい出来事を話して「だから私は男性を信じていないし、恋愛はしないよ」って牽制したつもりが、「あなたに幸せになってほしい」「その笑顔を絶やさない人生を送ってほしい」と何度も言ってきて……。

 

何度断っても諦めず、本気でプロポーズしてくれた彼。心を動かされた私は、「彼と付き合ってみよう」と決意。こうして、私たちのお付き合いは始まりました。

 

2年後に結婚! ちなみに今後は…

交際中も小さなアプローチはたくさんありました。頻繁にデートのお誘いがあったり、家でごはんを作ってくれたり、誕生日でもないのにプレゼントをくれたり。そのうち私も「彼は過去の男性とは違うかも……」と感じるようになって心の扉が少しずつ開き、いつの間にか彼のことが大好きになっていました! そしてプロポーズから2年後に結婚。今は彼の子どもを身籠っています!

 

余談ですが、苦労の甲斐あって日本語教師の資格は無事に取得できました。日本語教師の職には就いていないので、今のところ資格は生かせていませんが、この先ウズベキスタンに移住することになって私も働く必要性が出てきたら、そのときは現地で日本語を教えることができるので、取っておいてよかったと思っています。

 

 

ウズベキスタン人と結婚して異国に嫁ぎ、イスラム教徒に改宗――。私にこんな人生が待っていただなんて思ってもいませんでした。つくづく不思議に感じています。とてもいい経験をさせてもらって、夫には感謝しかありません。

 

30代って、バリバリ仕事をしていても、さまざまな葛藤が出てくるお年ごろだと思います。焦りや自己否定、先の見えない未来への不安……。私がまさにそうでした。20代を終えたときは人生のどん底で、迷いながらも「結婚をしない」「子どもを持たない」という未来を選択をしたつもりだったのです。それでも夫との出会いがあり、諦めていた結婚も子どもも手にできました! だから、どんな苦境でも、全女性が「前向きに人生を謳歌してほしい!」そう願っています。

 

原案/シャホボワ浅井 ウズ美さん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP