「何もできないんだ…」海外移住で突き付けられた現実にショックを受け…

私は日本で出会ったフランス人と事実婚をして、フランスへと移住してきました。日本で生まれ育ち、海外へは旅行で遊びに行くぐらいだった私が、海外に移住して気づいた、理想と現実とは……。

「私、何もできない…」海外移住で突き付けられた現実。落ち込むばかりで…

 

続きを読む

「どうにかなるはず」と思っていたけれど…

国際結婚というと、2人の共通言語は英語だと思われることが多いと思います。ですが、私たちに関しては、彼が日本語を勉強していて日本語を話せるため、2人の共通言語は日本語です。

 

お恥ずかしい話ですが、私はまったくもって英語もフランス語も話せないまま、「どうにかなるはず」という精神で、フランスへの移住を決めたのです。

 

実際にはどうにか生活はできましたが、語学の勉強をしておけば良かったと何度も思うことがありました。なぜかというと……。

 

現実に落ち込む

簡単なことさえも、パートナーに頼らなくてはいけなくなってしまったからです。日本であれば簡単にできたこと――たとえば、洗剤などの日用品を買うことすら自分だけではできなくなってしまったのです。自分は何もできない……と、移住して最初のころはとにかく落ち込みました。

 

しかし、そのことをパートナーに相談したところ、「フランスに来てから、今日は買い物ができたし、昨日は電車にひとりで乗ることができた。君は、毎日できることが増えているよ」と言われたのです。

 

そのとき、できないことばかりに目がいってしまい、できたことには気づけていなかったとハッとさせられました。フランスでの生活をするうち、小さなことですが毎日できることが増えていることに、パートナーの言葉で気づけたのです。

 

そしてこの言葉をかけてもらったことで、私は自分に少しずつ、自信が持てるようになりました。

 

一歩踏み出して得られたこと

今まで日本で生まれ育ち、家族も友人もみんなが日本にいるので、私はやはり日本が大好きです。

 

それでもアラサーでフランスに移住してきて、言語や生活面の問題などがたくさんあるものの、楽しいことも大変なこともいろいろな経験ができている今が一番楽しく感じられます。

 

もともと変化することがあまり好きではなかったのですが、一歩踏み出したことで、今は何事も楽しもうと思いながら生活できるようになりました。

 

 

まさか自分の人生で海外移住をするという大きな変化があるとは、まったく想像していませんでした。そして、その変化で自分の意識が変わるということも。もちろん、現実では高いハードルを前に落ち込むこともありましたが、パートナーのおかげでポジティブに成長することができていると感じています。

 

よく考えてみると「変化」というものは日本に住んでいても少なからずあって、仕事の異動、引越し、出産、結婚など人によってその転機はさまざま。もちろん、それぞれなりの理想と現実もあると思います。変化に対してネガティブなところばかり目が行きがちですが、ポジティブなところに目をむけることで、少しずつ自分は成長していけるのだと身をもって経験しています。

 

著者/斉藤菜摘

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP