「えッ、母すごすぎ!」母がくれた「私」の母子健康手帳。そこには感動と衝撃の内容が記されていて!?

私は3人きょうだいの末っ子として育ち、母は自営業の仕事をしながら子育てをしてくれました。そんな母が、私が第1子を妊娠した際に私自身の母子健康手帳を渡してくれたのです。その母子健康手帳を見ると、母の愛で溢れていました。

続きを読む

妊娠中に、母から渡されたもの

第1子である長男を妊娠中、母が家に遊びに来ました。そのとき、ふと母から「そういえば、これあなたのときの」と言って渡されたのは私自身の母子健康手帳でした。30年以上前のものなので劣化や紙の黄ばみはあるものの、状態はとても良く、手帳の中身もしっかりと読めました。

 

今まで自分自身の母子健康手帳を見たことがなかった私は、保管してくれていたことにびっくり。せっかくなので母から母子健康手帳をもらうことにしました。

 

自分の出生時の状況を知って感動と衝撃

母子健康手帳に書かれていたことで私が一番興味深かったページ。それは「出産の状態」と書かれた、出産時の状況が記された部分でした。

 

分娩所要時間は「約1時間」とあり、出血量はまさかの「30ml」と! 初産婦よりも経産婦のほうがお産が早く進むとは言いますが、スピード出産に加えて「血の量……30mlって、大さじ2杯分しか出なかったの!? 安産過ぎる……!」と、初産を控える私は自分の出産の状況を知った感動と、安産具合に衝撃を受けました。

 

 

忙しい日々でもしっかりと記録

第3子ということもあり、母は子育てに忙しい毎日を送っていたと思います。しかし母子健康手帳の「保護者の記録」のページには、「寝返りをしますか?」「コップで水を飲むことができますか?」といった質問に「はい」という答えだけでなく、細かく状況を書いてくれていました。例えば「言葉をいくつか話しますか?」の欄には、「1歳7カ月。よくおしゃべり、二語つづく、ママ、ダッコ。コッチ、オイデ」というふうに。

 

そんな母子健康手帳を見て、多忙な中でもしっかり記録をつけてくれた母に、愛情を感じることができました。

 

 

その後、私は第2子を出産し、毎日忙しく過ごしています。しかし、母子健康手帳にある1歳、1歳6カ月、2歳といった節目にある保護者の記録のページは、「はい・いいえ」の質問に丸をするだけでなく、母のように日常で気が付いたことを記すようにしています。良い記録になり、何より子どもたちが成長したとき、一緒に見返すのが今から楽しみです!

 

監修/助産師REIKO


著者:森まり子

1歳3カ月差の兄妹ママ。ワーママとして時短勤務をしつつ、ライターとしても活動中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP