【保活テク】認可保育園だけじゃなく認可外保育園のリサーチも!

2017/11/03 20:00
11
保活中のママに向けて、保育園の事前リサーチについてお話します。認可保育園を希望するママが多いと思いますが、入れなかった場合なども考慮して、認可・認可外に限らず幅広くリサーチをしておくことが大切です。一番大切なのは赤ちゃんが長くいる環境としてベストかどうかということ。数少ない認可保育園の見学だけで入園を決めてしまわずに、ベストな預け先を見つけられるように情報収集や見学は視野を広げて考えておきましょう。

 

来年4月入園を希望している人は、そろそろ申し込みに向けて保育園のリサーチや見学をしているころだと思います。もちろん認可保育園を希望する人が多いと思いますが、いろいろな面から認可外保育園も検討したほうがいい理由をお伝えします。

 

万が一、認可の保育園に落ちてしまったら

認可保育園に入れなかった場合、認可外保育園に入ることになります。そのときに、何も情報がないとあわてて調べることに。認可外でも人気の保育園はすぐに埋まってしまいますので、見学はもちろん、いつまでに連絡すれば確実に入園できるのかなども聞いておきましょう。毎月の金額についてもチェックしておくと安心です。

 

認可保育園と比較してみる

自宅近くの駅で探すと、認可保育園は数件というところが多いのではないでしょうか?数少ない認可保育園の見学だけで入園を決めてしまうよりは、認可外保育園にも行ってみて、環境や先生の雰囲気などをたしかめてみましょう。認可外のほうが自分に合っているかもと思って認可外保育園を第一志望にする家庭もあります。

 

フルタイムで働くママには認可外のメリットも

復帰後すぐにフルタイムで働くママにとっては、認可外のほうがメリットがある場合もあります。たとえば延長時間も20時や21時まで対応しているところもありますし、夕飯の提供などをおこなっているところも多いです。また、高いとされる認可外保育園ですが、所得が多い世帯にとっては認可保育園と変わらないこともあります。

 

働くママのあるある「認可外の方が良かった」

最初に認可外保育園に入って、途中から空き枠が出た場合に、認可保育園に転園することになることもあります。働くママのあるあるなのですが、両方経験して「認可外のほうがよかった」という人が結構いること。認可保育園に空き枠で入れたのに、もう一度認可外保育園に戻る人もいるようです。

 


認可・認可外というだけでなく、赤ちゃんが長くいる環境としてベストな預け先を見つけられるように情報収集や見学は視野を広げて考えておきましょう。(TEXT:サトウヨシコ)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。